“子供向け”のレッテルを超越! ハリウッド超大作に匹敵する『名探偵コナン ゼロの執行人』の凄さ

“子供向け”のレッテルを超越! ハリウッド超大作に匹敵する『名探偵コナン ゼロの執行人』の凄さ

 もっとも、メインプロットやIOTテロという地味な部分をすべてかき消すように、派手なアクションを織り込んでも決して浮いた印象を与えられることがないのは、このシリーズが長年かけて積み重ねてきたイメージによるものだろう。冒頭の「エッジ・オブ・オーシャン」の爆破に始まり、『ワイルド・スピード ICE BREAK』を彷彿とさせる車列の暴走、さらにモノレールの線路を激走していくカーアクションに、物理学的な違和感をぶっ飛ばして宇宙までも巻き込む壮大すぎるクライマックス。

 ほとんど“何でもあり”に近いものをやるために、それ以外の部分を締めすぎるほど締めるという生真面目なスタンスが、どことなくここ数年のハリウッドの超大作映画と似通っていると感じられる。もはや完全に『名探偵コナン』は日本を代表する娯楽映画のスタンダードであると再認識させられただけに、今年も興行記録を更新することは間違いないのではないだろうか。

■久保田和馬
映画ライター。1989年生まれ。現在、監督業準備中。好きな映画監督は、アラン・レネ、アンドレ・カイヤット、ジャン=ガブリエル・アルビコッコ、ルイス・ブニュエル、ロベール・ブレッソンなど。Twitter

■公開情報
『名探偵コナン ゼロの執行人』
全国東宝系にてロードショー中
声の出演:高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也、古谷徹、林原めぐみ、上戸彩、博多大吉
原作:青山剛昌
監督:立川譲 
脚本:櫻井武晴 
音楽:大野克夫
(c)2018 青山剛昌/名探偵コナン製作委員会
公式サイト:http://www.conan-movie.jp/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「作品評」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる