>  >  > 井浦新、「無謀です」と共演した成田凌に言及

井浦新、「無謀です」と共演した成田凌に言及 「こう見えて相当心が弱い」と意外な一面も

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 島ぜんぶでおーきな祭 第10回沖縄国際映画祭の特別上映作品として、映画『ニワトリ★スター』の上映が4月21日に沖縄・桜坂劇場で行われ、上映後の舞台挨拶に主演の井浦新、監督のかなた狼らが登壇した。

井浦新

 かなた監督、沖縄出身のキャスト尚玄、山下貴裕プロデューサーとともに壇上に姿を現した井浦は、「こんにちは」と挨拶をするが、観客からの反応が微妙だったのか計3回繰り返し、早速観客からの笑いを誘う。続けて、「足を運んでくださって本当にありがとうございます。この作品は自分にとってある意味、特別な位置づけの大切な映画になりました。沖縄にも関係がある映画なので、こうやってみなさんに観ていただけたことをうれしく思います」と沖縄の地での上映を迎えたことに感慨深い様子。そして、会場に3名のスペシャルゲストがいることを明かし、本作に出演しているJAY役のペロンヤス、菊役のシャック、熊役のマグナム弾吉の3名を客席から舞台上に呼び込んだ。

 東京の片隅にある奇妙なアパート“ギザギザアパートメント”で共同生活を送る、30代も半ばになり、無目的な暮らしを続けることに焦りを感じ始めている草太と、天真爛漫にふるまう一方で、誰も立ち入れない過去の影をまとう20代の楽人が、予測不能な出来事に巻き込まれていく模様を描いた本作。くたびれた大麻の売人・草太を演じた井浦は、本作の出演を決めた理由について、「仲間だからです。仲間たちだけで映画作りをするのはなかなかできないことで。かなた狼監督を中心に、それぞれ仲間たちが集まったからできた映画なんだと思います。監督とは仲間だから、けじめをつけないといけないなと思いました」と語り、「監督からは10年前に『俺は映画を撮るから、そのときは必ず出ろ』と言われた」というエピソードを披露。「出演者一人ひとりが監督との思いがあって、それがそのまま映像に映っちゃっている。監督にぶつかっていく熱量がそのまま作品になっている」と力強く話した。

(左から)井浦新、かなた狼監督

 メガホンを取ったかなた監督は、最初の挨拶で「映画監督の園子温と申します」と冗談混じりに話していたものの、映画を作ろうと思ったきっかけについて聞かれると、「乱暴な言い方をすると作りたかったから。監督1人だけでは何もできないんですよ。チームで、全員で作り上げるもので、その中で本当に成し遂げようとする人がどれだけいるか。どんなジャンルでも最初は『やりたい』という初期衝動しかなかった」と熱い思いを明かす。

 楽人を演じた成田凌のキャスティングに話が及ぶと、かなた監督は「いろんな思いがあって楽人役に挑戦したいという人がいろいろいたんですけど、(成田凌は)まっすぐにぶつかってきてくれて。『俺しかいません』と」と話し、井浦も「自分で言ってきたんですよね。『この役をやるのは俺しかいない』って。無謀ですね」と続け、会場は笑いに包まれた。

(左から)シャック、尚玄、井浦新、かなた狼監督、ペロンヤス

 会場となった桜坂劇場では、4月23日より本作の上映が行われることにちなみ、井浦は最後に「ここで2週間、3週間、1ヶ月……と、皆さんのおかげでどんどん上映が長くなると思います」と笑みをこぼしながら話し、観客にSNSで感想の発信をお願いするも、「ネガティブな感想はちょっとやめてください(笑)。僕たちこう見えて相当心が弱いので」と意外な一面を見せる。するとかなた監督が「ネガティブな感想は俺に直接InstagramのDMでください」と反応し、言葉通りの“チーム”感を見せつけた。なお井浦は降壇する際にも「『ニワトリ★スター』明後日から桜坂劇場で。これ、3回観たら全然違うんで。是非3回おかわりしてください」と熱心に作品をアピールした。

Arrow
Arrow
『ニワトリ★スター』舞台挨拶の様子
ArrowArrow
Slider

(取材・文=宮川翔/写真=阿部桜子)

■公開情報
『ニワトリ★スター』
原作・監督:かなた狼
出演:井浦新、成田凌、紗羅マリー、阿部亮平、LiLiCo、津田寛治、奥田瑛二、山田スミ子、海原はるか・かなた、裵ジョンミョン、ペロンヤス、名倉央、DAY(Titanium)、佐藤太一郎、水橋研二、尚玄、辰巳蒼生、村上新悟、石橋穂乃香、シャック、マグナム弾吉、中澤梓佐
配給:マジックアワー
(c)映画『ニワトリ★スター』製作委員会
公式サイト:http://niwatoristar.com/

「井浦新、「無謀です」と共演した成田凌に言及 「こう見えて相当心が弱い」と意外な一面も」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版