ムロツヨシが向井理の誤算に? 『きみが心に棲みついた』呪縛から逃れられない登場人物たち

ムロツヨシが向井理の誤算に? 『きみが心に棲みついた』呪縛から逃れられない登場人物たち

 火曜10時ドラマ『きみが心に棲みついた』(TBS系)の第3話。キョドコこと小川今日子(吉岡里帆)は、星名(向井理)からの支配を拒みながらも、そのネジネジと巻かれたストールの首輪をほどくことができない。「俺のために生きてくれ」という言葉が心を縛り、ついには大切な新作発表会で下着姿でランウェイまでしてしまう。学生時代にも、星名が自分だけのものになると信じて、男たちの前で服を脱いだキョドコ。苦い記憶がフラッシュバックする中、ステージをトボトボと歩く姿は思わず目を覆いたくなるシーンだった。その窮地を器用にフォローしてみせたのが、編集者の吉崎(桐谷健太)。一緒に取材に来ていた漫画家スズキ(ムロツヨシ)と共に軽快なトークを披露し、沈黙のステージを笑顔に変えたのだった。

 第3話では、なぜキョドコはここまでひどい仕打ちをされても星名から離れられないのか……という疑問よりも、星名がどれだけキョドコに執着しているのかが明確になったように思う。星名は、キョドコが自分以外の人から興味関心を持たれると、こうして試練を与えて孤立させていくパターンなのだ。キョドコは誰にも愛されてはならない。そうしなければきっと自分を求めてこないという、星名の自尊感情の低さが露呈した回だった。星名のイケメンな外見も生まれながらにして持っていたものではない。仕事ができるように見えるのも人の嫉妬心を焚き付けているだけで、人望や能力があるわけではない。ありのままの自分を認めてくれる人なんて誰もいない……キョドコ以上に星名自身が自分の呪縛から逃れられずにいるのだろう。

 キョドコを、どんなに仕事で振り回しても先輩社員の堀田(瀬戸朝香)はフォローをし、相性最悪だと思っていた八木(鈴木紗理奈)も少しずつキョドコを認め始め、吉崎も新たな味方になろうとしている。また、見逃せないのがスズキの発言だ。「やっぱ、小川さんの話、聞きたいです。僕はどうしてもあの人、気になるんだよな。小川さんが、小川さんがいいです!」キョドコの過去を見ると、いつも透明人間扱いだった。これほど個人として注目をしてくれる存在が出てきたのは、星名にとって大きな誤算だったのではないか。

 スズキもかなり個性的な人物だ。吉崎を「高校までサッカー部のレギュラーで、テニス部の部長、いや副部長タイプの女子とつき合ってて、 うまいこといい大学入ってその抜群のコミュ力で面接突破して出版社に入社した勝ち組かなって」と推察し、「僕はそういうキラキラした青春を美術部の部室から呪ってた」とも。スクールカーストは、ある意味で社会以上に明確だ。仕事という名目があるからこそ、スズキも今では吉崎と対等に話しているが、それでもパシリだったクセは抜けない。

みんなのレビュー

登場人物誰にも共感できないし、誰への興味も持てない。ドラマの途中に挟まれるURのCMの吉岡里帆ちゃんを見て、ちゃんと正常であることをいつも確認して落ち着かせてる。

レビューする

【投稿前の注意事項】

・投稿していただいたレビューは全て編集部で確認させていただき、承認させていただいたもののみを掲載させていただきます。

・Real Soundの編集ポリシーにもとづき、投稿していただいたレビューに編集が加わる場合がございます。

※投稿していただいたレビューは全て上記に同意していただいたものとみなします。

※メールアドレスは表示されません。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版