渡辺謙×竜雷太、30年ぶりの共演で見事な演技合戦 『西郷どん』で見せた繊細な表情

 『西郷どん』(NHK総合)第3回「子どもは国の宝」では、西郷家の生活がますます苦しくなり、西郷吉之助(鈴木亮平)と父・吉兵衛(風間杜夫)が商家から大借金をする。その道中、吉之助は、武士の身分にありながら、貧しさのため一家で夜逃げする少年・中村半次郎(中村瑠輝人)に出会う。後の桐野利秋、“人斬り半次郎”の異名で「幕末四大人斬り」とも言われ西郷に尽くすこととなる武士である。

 さらに、今回の物語では、かの有名な“お由羅騒動”が勃発する。簡潔に言えば、島津斉興(鹿賀丈史)と斉彬(渡辺謙)の親子対決だ。調所広郷(竜雷太)は、厳しい財政難にあった薩摩藩を立て直した傑物だが、密貿易などの嫌疑を受け、その追求の矢面に立たされ自害することとなる。調所にとって最後の一夜となった斉彬との一場面が、視聴者の注目を集めた。

 人々の窮状を訴える吉之助の思いに突き動かされた斉彬は、斉興を隠居へと追い込むべく、薩摩が異国との密貿易、琉球出兵について偽りの申し立てをしていることを、江戸幕府老中・阿部正弘(藤木直人)に密告する。阿部は江戸城に調所を呼びつけ、薩摩の申告に偽りがあったことを確認させると、斉興にも追って処罰を下すように申告。しかし、調所はすべてが自分が取り仕切ったものと罪を背負う。調所は、お咎めを受けることを覚悟した上で、阿部に「そん名を聞くまで某は死んでも死にきれもはん。そん者の名は?」と仕組んだのは誰かと弾糾する。すると、調所の後ろの障子が開き、斉彬が姿を現わす。2人はしんしんと雪が降る渡り廊下へ。

 久しぶりの再会を喜ぶ調所に対し、斉彬は乾いた笑いから「心にもないことを」とつぶやく。降り積もる雪の情景が、その冷徹な2人の感情を表していた。「今宵、一献傾けんか、薩摩のこれからのことを語ろう」と誘う斉彬に、調所は「ちと、野暮用がございまして」と断る。斉彬は彼の“野暮用”を知った上で、「分かった。それが終わるまで、酒の支度をして待っておる」と続ける。薩摩のために、己が藩主となるため、調所の命を断つことを斉彬が想定していたことは間違いない。しかし、方向は違えど薩摩のためにまい進した者同士。「待っておる」という斉彬の言葉は、また違った形での方法があったはずという自責の声にも聴こえた。1987年の大河ドラマ『独眼竜政宗』以来30年ぶりの共演となった竜と渡辺。言葉の裏側にいくつもの意味を含ませながら、繊細な表情でそれぞれの役の心境を見事に体現していた。

 調所は主君・斉興に処罰が下るのを防ぐべく、不正は全て己の独断でしたことであると、全ての責任をかぶって自ら毒をあおる。調所の自害の報を受け、斉彬は月に向かって献杯をする。険しい表情で「死なせとうはなかった」と言葉にする斉彬の目には、うっすらと涙が浮かんでいた。薩摩の未来のため、民のために重臣の命を奪った斉彬。月を見つめるその表情には、責任と覚悟を背負った並々ならぬ決意が滲んでいた。

みんなのレビュー

『独眼竜政宗』のふたりが、こんな形で共演することになるとは思ってもみなかった。渡辺謙、竜雷太の共演シーンはわずか数分ではあったけど、他のシーンとの重厚感がまるで違った。理想を掲げ邁進する斉彬は、下手な役者がやっていればただの胡散臭い人物になりかねなかっただけに、渡辺謙を選んだのは本当に正解だったと思う。

レビューする

【投稿前の注意事項】

・投稿していただいたレビューは全て編集部で確認させていただき、承認させていただいたもののみを掲載させていただきます。

・Real Soundの編集ポリシーにもとづき、投稿していただいたレビューに編集が加わる場合がございます。

※投稿していただいたレビューは全て上記に同意していただいたものとみなします。

※メールアドレスは表示されません。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版