>  >  > 若手実力派、山田裕貴の魅力

山田裕貴、まっすぐな瞳の説得力 恋愛映画からアウトロー映画までこなす実力を読む

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 『カイジ』や『LIAR GAME』『人狼ゲーム』といった人気実写化作品のエッセンスの入った『トモダチゲーム 劇場版』が公開になった。『別冊少年マガジン』(講談社)で連載中のコミックスを、テレビドラマ化に続いて映画2作品で実写化したプロジェクトの映画版前編だ。主演の吉沢亮らと共に、疑心暗鬼のゲームに巻き込まれていく高校生を演じているのが山田裕貴。現在、テレビドラマ『3人のパパ』(TBS系)が放送中、映画『破裏拳ポリマー』も公開中と、引っ張りだこである。

テッペン!水ドラ!!『3人のパパ』(C)TBS

 2010年に開催された『D☆DATE新メンバーオーディション』でD-BOYS部門のグランプリとなり、現在も俳優集団D2およびD-BOYSのメンバーとして活動を続けている山田は、『海賊戦隊ゴーガイジャー』(テレビ朝日系)でのゴーカイブルー役にて俳優デビューを飾った。涼しげな瞳にマッチしたクールなゴーカイブルーはハマり役に思えたが、SNSや舞台挨拶などからも伝わってくるようにもともとは明るい性格であり、ほどなく作品でもそうした面を見せるようになる。

 ガラリとイメージを変えて好評を博したのが『イタズラなKiss~Love in TOKYO』(フジテレビ系)での金ちゃん役だ。多田かおるによる少女漫画の名作を、未来穂香と古川雄輝のW主演によって実写化した2013年版のドラマ版で、ヒロインに恋する情にもろい青年に扮して新たなファンを獲得した。

『トモダチゲーム』(c)山口ミコト・佐藤友生/講談社(c)2017「トモダチゲーム」製作委員会

 2014年には『リアル鬼ごっこ』などで知られる山田悠介の小説をヒントに、井口昇監督が映画化した『ライヴ』で映画初主演を飾る。『片腕マシンガール』『ロボゲイシャ』など独自のユーモアセンスで突っ走る井口ワールドが色濃く出た『ライヴ』にあって、デスレースに参加する主人公の田村直人を嫌味のないセンスで演じ、青春映画的な爽やかさまで感じさせたのは、根がスポーツマンの山田が中心に立っていたからだろう。

      

「山田裕貴、まっすぐな瞳の説得力 恋愛映画からアウトロー映画までこなす実力を読む」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版