>  > 『ボク、運命の人です。』第7話レビュー

亀梨和也の“サプライズ”に絶賛の声! 『ボク、運命の人です。』第7話レビュー

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 さて、第7話の終盤。誠と“神様”のいつも通りのような会話が真っ暗な部屋で展開した挙句、“神様”が突然消えてしまう。さらに第1話で登場した、誠の元恋人の美人局が、テレビのニュース画面に映し出されたところで幕を閉じる。今までにないほど意味深なクライマックスに、来週の第8話は波乱の予感だ。

■久保田和馬
映画ライター。1989年生まれ。現在、監督業準備中。好きな映画監督は、アラン・レネ、アンドレ・カイヤット、ジャン=ガブリエル・アルビコッコ、ルイス・ブニュエル、ロベール・ブレッソンなど。Twitter

■番組情報
『ボク、運命の人です。』
毎週土曜日よる10時00分~
製作著作:日本テレビ
公式サイト:http://www.ntv.co.jp/boku-unmei/

      

「亀梨和也の“サプライズ”に絶賛の声! 『ボク、運命の人です。』第7話レビュー」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版