>  > 山崎賢人、“マンガ実写化俳優”からの脱皮

山崎賢人、ドM男子役で新境地! 『一週間フレンズ。』で流した涙の意味

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「男もすなる日記といふものを……」

 ごくありきたりな高校の授業風景。国語教師が、“男”である紀貫之がわざわざ“女”のふりをして記した『土佐日記』の有名な冒頭部分を諳んじている。しかしその「日記」という一語が、いつもは古典になど興味も持たない主人公、長谷祐樹(山崎賢人)の胸に響いてしまうのだ。そして長谷は一週間に一度必ず記憶を失う藤宮香織(川口春奈)と交換日記を開始するのだが、山崎賢人が演じるそのキャラクターに今までにない艶やかさを感じるのは、長谷というキャラが紛れもない「女心」を備えているからである。

 『L・DK』(2014)での久我山柊聖、『オオカミ少女と黒王子』(2016)での佐田恭也など、マンガ実写化ラッシュの動きと連動しつつ、山崎賢人は女子を翻弄する強引な「ドS王子」としての印象を強めていた。さらにそこに『ヒロイン失格』(2015)での寺坂利太、『orange-オレンジ-』(2015)での成瀬翔を加えると、「過去に何かを背負った男」というキャラ設定を共通して見出すこともできる。

 それにひきかえこの度の長谷というキャラクターは、ヒロインの「無理」という一言に何度も手酷く拒絶されても落ち込むどころか、かえって気持ちを昂ぶらせてしまう「ドM男子」として設定されている。今までなら、その美しい瞳の魅力によって、人を虜にせずにはいられないミステリアスな雰囲気を醸し出していたのだが、今作では何の屈託もないままに画面に収まってさえいるのだ。この手放しの爽快感。しかし事はもちろんそう単純ではなく、山崎賢人はここから暗中模索の演技を繰り広げなければならない。

 図書館でたまたま拾った見知らぬ図書カードの匂いを咄嗟にかぎ、その香りのよさに一人感じ入る山崎の姿は、好きな女子の話題で盛り上がる男子の快活さというよりも女子の感覚に近いものであり、「乙女」としてかなり堂に入っている。交換日記を始めてからも、相手からの返答がなくともめげずにピュアな想いを書き連ね続ける。その一途さはまさに『ヒロイン失格』で桐谷美玲が演じたヒロインの役どころを思わせもする。だから川口から返答が書き込まれた日記を初めて手渡される場面はあまりにも微笑ましい瞬間なのだが、それほどまでに山崎を引きつけてやまない、川口春奈のしたたかな演技は注目に値する。

 前作『四月は君の嘘』(2016)でも山崎はM気のある男子を演じていたが、相手役である広瀬すずの天真爛漫さでは彼を引きつけるにはやや力不足であった。山崎賢人の瞳の魅力に抗うには、川口春奈くらいのしたたかさが必要だったのである。そして、対照的な相手役の登場でもたらされた転換は、「役者=山崎賢人」の演技に大きな影響を与えた。他者に引きつけられることによって、山崎は改めて自らの役者像を構築し直そうとしているようにさえ思える。

      

「山崎賢人、ドM男子役で新境地! 『一週間フレンズ。』で流した涙の意味」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版