天海祐希は“普通の主婦”を演じても輝くーー『恋妻家宮本』で表現した、人の脆さ

天海祐希は“普通の主婦”を演じても輝くーー『恋妻家宮本』で表現した、人の脆さ

20170202-koisaikamiyamoto-s1-th-th.jpg

 

 物語終盤、駅の待合室にいる宮本と美代子が、互いの目と目を見ながらじっくりと話すシーンがある。いるのは、頼りがいのあるアネゴ天海ではない。決して強くはない自分自身と向き合い、また夫とも向き合うことを決めた、人生を重ねてきたからこその脆さ“も”抱えるひとりの女性だ。彼女の気持ちを、天海はまっすぐで柔らかな瞳の中に滲ませて表現している。

 これからも天海には存分にイイ女像を見せていってほしい。しかし時に“不安”を口にする、理想の上司ではない、あなたであり私である普通の人を演じるのも、またいい。天海祐希にはそれもできると『恋妻家宮本』が証明している。

■望月ふみ
70年代生まれのライター。ケーブルテレビガイド誌の編集を経てフリーランスに。映画系を軸にエンタメネタを執筆している。親類縁者で唯一の映画好きとして育った突然変異。

■公開情報
『恋妻家宮本』
全国東宝系にて公開中
出演:阿部寛 天海祐希 菅野美穂 相武紗季 工藤阿須加 早見あかり ほか
監督・脚本:遊川和彦
(C)2017『恋妻家宮本』製作委員会

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる