>  >  > 『帝一の國』追加キャストに木村了ら

菅田将暉主演『帝一の國』、舞台版主演・木村了が追加キャストに 「僕はなった! 海帝高校生徒会長に!!」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 4月29日に公開される菅田将暉主演映画『帝一の國』の追加キャストとして、木村了、鈴木勝大、萩原利久、岡山天音、井之脇海の出演が発表された。

 本作は、集英社『ジャンプSQ.』にて連載された古屋兎丸の同名小説を『世界から猫が消えたなら』の永井聡監督が映画化したコメディ・エンターテインメント。全国屈指の頭脳を持つエリート学生たちが集まる日本一の名門校・海帝高校に主席入学を果たした新1年生の赤場帝一が、「総理大臣になって自分の国を作る」という夢を実現するために、将来の内閣入りが確約されているという海帝高校の生徒会長になるべく奮闘する模様を描く。主人公・赤場帝一役の菅田をはじめ、野村周平、竹内涼真、間宮祥太朗、志尊淳、千葉雄大、永野芽郁、吉田鋼太郎らが出演する。

 このたび、2014年4月から全3章が上演された舞台『學蘭歌劇 帝一の國』で主人公の赤場帝一役を演じた木村了が、帝一のあこがれであるカリスマ生徒会長の堂山圭吾役を務めることが決定。さらに、次期生徒会長の最有力候補・氷室ローランド(間宮祥太朗)の親友で片腕でもある駒光彦役を鈴木勝大、帝一の幼なじみで宿敵でもある東郷菊馬(野村周平)とコンビを組んで帝一を苦しめる根津二四三役を萩原利久、品行方正な帝一の最強のライバル・大鷹弾(竹内涼真)をサポートする副ルーム長・佐々木洋介役を岡山天音、堂山生徒会長を支える副会長・古賀平八郎役を井之脇海がそれぞれ務めることも発表されている。

 堂山圭吾役役の木村からはコメントが寄せられている。

木村了(堂山圭吾役)コメント

皆さんこんにちは。木村了です。今回、映画「帝一の國」で「堂山圭吾」役を演らせて頂きます。
ライチから始まり、古屋兎丸作品でまた生きる事が出来る幸せを感じつつ、今度は会長の景色を見る事が出来る事に興奮を覚え、きっと褌を履かないことに安堵、、いや、憤怒し。あ、今上手いこと言ったなとか感じてる訳でございます。
最初、堂山会長でオファーが来た時の感想は「僕はなった! 海帝高校生徒会長に!!」でした。
どうぞよろしくお願いします。

■公開情報
『帝一の國』
4月29日(土)全国東宝系ロードショー
出演:菅田将暉、野村周平、竹内涼真、間宮祥太朗、志尊淳、千葉雄大、永野芽郁、吉田鋼太郎
監督:永井聡
脚本:いずみ吉紘
原作:古屋兎丸(集英社『ジャンプSQ.』)
企画・製作:フジテレビ
制作プロダクション:AOI Pro.
配給:東宝
(c)2017フジテレビジョン 集英社 東宝
(c)古屋兎丸/集英社
公式サイト:http://teiichi.jp/

「菅田将暉主演『帝一の國』、舞台版主演・木村了が追加キャストに 「僕はなった! 海帝高校生徒会長に!!」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版