>  >  > シリーズ最新作『猿の惑星』特別映像公開

シリーズ最新作『猿の惑星:大戦記』特別映像 シーザー、人類へ警告メッセージを送る

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「猿の惑星」シリーズ最新作『猿の惑星:大戦記(グレート・ウォー)』の日本公開が2017年に決定し、あわせて特別映像も公開された。

 本作は、『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』(2011年)、『猿の惑星:新世紀(ライジング)』(2014年)に続く、「猿の惑星」シリーズ最新作。人類同等の知能を持つ猿・シーザーが、人類と地球の支配権を懸けて争う模様が描かれてく。

 人類が永遠に支配するはずだった地球の歴史が、シーザーの登場によって塗りかえられていく“起源”を描いた『猿の惑星:創世記(ジェネシス)』。続編の『猿の惑星:新世紀(ライジング)』では、高度な知能を獲得したシーザーが、仲間を率いて人類に反乱を起こす“新世紀”が映し出されていった。

 猿と人間の激しい争いが繰り広げられる『猿の惑星:大戦記(グレート・ウォー)』では、「“人間性”を創り上げているものとは何か? そして人間性はシーザーの中に育つのか?」というテーマをもとに、シーザーの内面の葛藤も描かれていく。

『猿の惑星:大戦記(グレート・ウォー)』特別映像

 シーザーを演じるのは、過去2作に引き続き、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのゴラム役や『キング・コング』のキング・コング役を演じたアンディ・サーキス。そのほか、『ジュラシック・ワールド』のジュディ・グリア、『ハンガー・ゲーム』シリーズのウディ・ハレルソンらが出演。監督は、前作に引き続き、マット・リーヴスが務める。

 公開された映像では、「逃げろ…戦いが始まる前に…すまない…戦争が始まる」というセリフと共に、吹雪で表現されたシーザーの顔が映し出されていく。

■公開情報
『猿の惑星:大戦記(グレート・ウォー)』
2017年公開
監督:マット・リーヴス  
出演:アンディ・サーキス、ジュディ・グリア、ウディ・ハレルソン
配給:20世紀フォックス映画
(c)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation

「シリーズ最新作『猿の惑星:大戦記』特別映像 シーザー、人類へ警告メッセージを送る」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版