本田翼のキスシーンはなぜグッとくるのか? 『校閲ガール』“唇を奪う女”の魅力

 ところが今回、『校閲ガール』で見せたキスシーンは、これまでのどのキスシーンとも違っていた。森尾はあまり表情に起伏がなく、感情が読みにくいところがあるため、そのキスシーンはあまりに唐突だったのだ。しかも、“唇を奪う”という表現が似つかわしい、相手に有無を言わせない大胆さ。抑制的な芝居を続けてきたからこそ、そのキスは効果的で、物語を大きく転換させる説得力が宿っていた。菅田将暉のドキリとした表情は、視聴者のそれでもあったはずだ。

 本作でもっとも魅力的に描かれているのはやはり、石原さとみ演じる河野悦子だろう。しかし、前回のキスシーンはそれを鮮やかに覆すほど、本田翼のミステリアスな色気を際立たせていた。折原がどちらを選んでも不思議ではない。

 今夜放送の第5話では、森尾が折原のために頑張った仕事を、悦子が後押しするシーンが描かれるとのこと。この友情が、三角関係にどんな影を落とすのか。行く末を見守りたい。

(文=松下博夫)

■番組情報
『地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子』
日本テレビ他 毎週水曜夜10時放送
出演:石原さとみ、菅田将暉、本田翼、和田正人、江口のりこ、田口浩正、足立梨花、伊勢佳世、曽田茉莉江、松川尚瑠輝、杉野遥亮、ミスターちん、長江英和、店長松本、麻生かほ里、高橋修、鹿賀丈史(特別出演)、芳本美代子、青木崇高、岸谷五朗
原作:宮木あや子「校閲ガール」シリーズ(KADOKAWA・角川文庫)
脚本:中谷まゆみ、川﨑いづみ
演出:佐藤東弥、小室直子ほか
制作協力:光和インターナショナル 製作著作:日本テレビ
公式サイト:http://www.ntv.co.jp/jimisugo/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる