欅坂46『徳山大五郎』が優れたアイドルドラマになった理由 YAミステリーとしての充実を読む

欅坂46『徳山大五郎』、ミステリーとしての完成度

20161004-tokuyama-sub4.jpg

 

 それにしても、渡辺梨加の独白シーンはお見事であった。欅坂46の最年少メンバー平手が探偵で、最年長の渡辺が犯人というポジショニングもさることながら、これまで素質を感じさせてきた他のメンバーも太刀打ちできないほど、圧倒的な演技力を披露する。涙を流すというのは演技の基礎中の基礎であるが、わずか3ヶ月でその基礎を攻略しただけでなく、目を真っ赤に充血させ、セリフのトーンを一定に保ったまま涙を流すというのは、とても演技初心者が易々できるものではないだろう。

20161004-tokuyama-sub8.jpg

 

 やはりこの欅坂46というグループは、とんでもない才能を持ったメンバーが集結している印象を受けた。この3ヶ月で、ほとんどのメンバーが演技のレベルを格段に上げてきているのは目に見えてわかる。11月には3rdシングルの発売が決まり、しばらくは本業であるアイドルとしての活動が中心になるだろうが、今後ドラマや映画で、彼女たち欅坂46の女優としての姿を見ることができることが楽しみでならない。

■久保田和馬
映画ライター。1989年生まれ。現在、監督業準備中。好きな映画監督は、アラン・レネ、アンドレ・カイヤット、ジャン=ガブリエル・アルビコッコ、ルイス・ブニュエル、ロベール・ブレッソンなど。Twitter

■配信情報
土曜ドラマ24『徳山大五郎を誰が殺したか?』
Amazonプライム・ビデオにて独占配信中
出演:欅坂46ほか
企画・原作:秋元康
(c)「徳山大五郎を誰が殺したか?」製作委員会
公式サイト:http://www.tv-tokyo.co.jp/tokuyama/



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「国内ドラマシーン分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる