>  >  > 『更年奇的な彼女』華原朋美が主題歌を担当

華原朋美、『更年奇的な彼女』主題歌担当に 「涙をこらえながら言葉を噛みしめて歌いました」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 4月8日に公開される映画『更年奇的な彼女』の主題歌を華原朋美が担当することが決定し、あわせて主題歌入り新予告編が公開された。

 本作は、『猟奇的な彼女』 『僕の彼女はサイボーグ』に続く、クァク・ジェヨン監督による“アジアの彼女三部作”の完結編となるラブコメディ。失恋によるトラウマで若年性の更年期と診断された26歳のチー・ジアと、大学の中で“最も冴えない男”だったユアンの奇妙な同居生活を描く。ヒロインのチー・ジア役を『ふたりの人魚』『クラウド アトラス』のジョウ・シュンが演じるほか、『レッドクリフ』シリーズのトン・ダーウェイ、『ドラッグ・ウォー 毒戦』のウォレス・チョンらが出演するほか、日本語吹替版では藤原紀香がチー・ジア役を務める。

 このたび本作の主題歌に決定したのは、華原朋美の「君がそばで」。2015年にデビュー20周年を迎えた華原にとって、新たな第一歩となるラブバラードで、海外作品の主題歌を担当するのは今回が初となる。

 また、華原の歌声に惚れ込んだジェヨン監督は、古川雄輝と藤井武美が出演する2016年公開予定の次回作『風の色』の主題歌にも華原を指名。監督の娘クァク・ヨンジンが作曲家として参加した「風の色」で、2作続けて華原がジェヨン監督作品の主題歌を担当することが決まった。

『更年奇的な彼女』予告編

華原朋美 コメント

この曲は最初にデモを聞かせていただいた時、“今すぐに歌いたい”と思ってしまうほどに歌詞やメロディーに共感を覚えて気持ちが高ぶりました。私のこれまでの半生で経験した様々な事に想いを馳せながら、その中でこれからの人生で大切なことをこの曲に教えてもらえたような気がします。レコーディング中、感情とシンクロして何度も涙をこらえながら言葉を噛みしめて歌いました・・・。この楽曲を聞いていただくリスナー皆さん一人一人が、近くにいる大事な人の大切さを改めて感じるきっかけになってもらえたら、と思います。

20160308-kounenki-sub.jpg『更年奇的な彼女』(c)New Classic Media Corporation

■公開情報
『更年奇的な彼女』
4月8日(金)よりTOHOシネマズ 日本橋・新宿ほか全国順次公開
監督:クァク・ジェヨン
出演:ジョウ・シュン、トン・ダーウェイ、ジャン・ズーリン、ウォレス・チョン 
日本語吹替版キャスト:藤原紀香ほか
配給:アジアピクチャーズエンタテインメント、エレファントハウス、カルチャヴィル
配給協力:DMZtokyo
(c)New Classic Media Corporation
公式サイト:http://kounenki-girl.jp

■リリース情報
ニューシングル『君がそばで』
5月11日(水)発売
初回盤(CD + ミュージックコネクティングカード)¥1,700(税込)
通常盤(CD)¥1,080(税込)

<収録楽曲>
君がそばで ※映画『更年奇的な彼女』日本版主題歌
風の色 ※映画『風の色』主題歌
君がそばで(Instrumental)
風の色(Instrumental)
Produced by 武部聡志

<初回盤特典ミュージックコネクティングカード 収録内容>
君がそばで(Acoustic Piano Ver.)
風の色(Acoustic Piano Ver.)
2曲の音源が期間限定でダウンロード可

「華原朋美、『更年奇的な彼女』主題歌担当に 「涙をこらえながら言葉を噛みしめて歌いました」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版