広瀬すず、清純派から実力派へ 『怪盗 山猫』に見る演技の変化を考察

 その答えは『高校生新聞 2015年7・8月号』に掲載されたインタビューから伺い知ることができる。広瀬は新たな1年の抱負として「内面から大人らしさを出したい。自分の演技をいい意味で変えられれば」と応えており、現在のイメージを脱却しようという意思が感じられる。(引用元:高校生新聞 2015年7・8月号)もちろん、パブリックイメージを自ら変えようとすることは、これまでのファンが離れていくリスクを伴うものであり、イメージの転換に失敗したことによってその後のキャリアが潰えてしまった俳優は、それこそ数え切れないほどいる。しかし、広瀬はそうしたリスクより、女優としての実力を高めることを重視したのではないだろうか。その貪欲な姿勢は、きっと彼女を次のステージへと押し上げるはずである。

 今年公開予定の映画『怒り』は、そんな広瀬のネクストステージを予感させる作品だ。本作は、『悪人』や『許されざる者』などで知られる李相日監督が手がけており、広瀬は自らの意思でオーディションを受け、小宮山泉役を獲得したことを明かしている。ほかのキャストには、渡辺謙、森山未來、松山ケンイチ、綾野剛、妻夫木聡、池脇千鶴、宮崎あおいなど、名実ともに一流の役者陣が名を連ねており、広瀬にとって刺激的な現場だったことは想像に難くない。すでにクランクアップしているとのことで、広瀬は自身のブログにて「自分にとって凄く大きな作品になりそう」と率直な感想を述べるとともに、撮影現場で得たたくさんの“学び”について綴っている。(引用元:広瀬ずず公式ブログ)広瀬すずが“実力派女優”として、ドラマ・映画界を席巻する日も近そうだ。

(文=近藤真弥)

■ドラマ情報
『怪盗 山猫』
毎週土曜日 夜9時から放送中
出演者:亀梨和也、成宮寛貴、広瀬すず、菜々緒、北村有起哉、大塚寧々、佐々木蔵之介
脚本:武藤将吾
原作:神永学「怪盗山猫シリーズ」
プロデューサー:福井雄太
製作著作:日本テレビ
公式サイト:http://www.ntv.co.jp/yamaneko/

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アクター分析」の最新記事

もっとみる