>  >  > 『火の山のマリア』予告編が公開

マヤ族少女の「生」の力強さ描くーーベルリン国際映画祭銀熊賞受賞作『火の山のマリア』予告編公開

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
『火の山のマリア』予告編

 第65回ベルリン国際映画祭で銀熊賞(アルフレッド・バウアー賞)を受賞した『火の山のマリア』の予告編が公開された。

 17歳になるマヤ人のマリアは、農業を営む両親とともにグアテマラの火山のふもとで暮らしていた。貧しい一家の両親は、地主のイグナシオにマリアを嫁がせようとする。しかし、マリアはある日、コーヒー農園で働く青年ペペの子どもを宿してしまう…。自ら選んだ「幸せ」のために闘う少女と、葛藤しつつも我が娘を守らんとする母親の普遍的な「生」を描いたヒューマンドラマ。

 『火の山のマリア』を手がけたのは、グアテマラ出身のハイロ・ブスタマンテ監督。自身が幼少期を過ごしたマヤ文明の地を舞台に、現地の人々を役者として起用し、グアテマラが抱える社会問題を取り入れながら、ドキュメンタリータッチで作り上げた。ベルリン国際映画祭をはじめ、世界各国で高評価を受け、グアテマラ史上初のアカデミー賞外国語映画賞へのエントリーも果たしている。

 予告編では、マヤ族の独特な文化や風習、グアテマラの大自然が映し出され、17歳の少女マリアが運命に翻弄されていく様子が描かれる。

20151203-hinoyama02.jpg(C)LA CASA DE PRODUCCIÓN y TU VAS VOIR-2015
20151203-hinoyama03.jpg(C)LA CASA DE PRODUCCIÓN y TU VAS VOIR-2015
20151203-hinoyama04.jpg(C)LA CASA DE PRODUCCIÓN y TU VAS VOIR-2015
20151203-hinoyama05.jpg(C)LA CASA DE PRODUCCIÓN y TU VAS VOIR-2015

■公開情報
『火の山のマリア』
2016年2月13日(土)より岩波ホールほか全国順次公開
監督・脚本:ハイロ・ブスタマンテ
製作総指揮:イネス・ノフエンテス
出演:マリア・メルセデス・コロイ、マリア・テロン、マヌエル・アントゥン
2015/グアテマラ・フランス/スコープサイズ/DCP/93分/カラー/カクチケル語・スペイン語
提供:ギャガ、新日本映画社
配給・宣伝:エスパース・サロウ
(C)LA CASA DE PRODUCCIÓN y TU VAS VOIR-2015
公式サイト:hinoyama.espace-sarou.com/

「マヤ族少女の「生」の力強さ描くーーベルリン国際映画祭銀熊賞受賞作『火の山のマリア』予告編公開」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版