>  >  > ゆるめるモ!主演映画、初日舞台挨拶レポ

ゆるめるモ!、初主演映画の舞台挨拶にハロウィン仮装で登壇 「今の6人だから出来る映画」

関連タグ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ゆるめるモ!が初主演を務めた映画『女の子よ死体と踊れ』の公開を記念した“ハロウィン”ライブ付き初日舞台挨拶が昨日10月31日にシネマート新宿にて行われた。

 上映開始前には、メンバーがシネマート新宿の制服を着て観客を出迎え、映画の内容にちなんだ、誰でも死体になれる“三角頭巾”を配布。また、ハロウィン当日ということで、「Trick or Treat」と叫んだ来場者には、お菓子の配布も行われた。

 本編上映後には、ゆるめるモ!史上初となる映画館でのライブを敢行。1曲目の「ゆるトロ(sli-モ!)」が始まると、6人ぞれぞれが別々の扉から登場。映画スペシャルCD『女の子よ死体と踊れ』を曲順通りに再現し、映画でもラストに流れる「人間は少し不真面目」では、劇場のスクリーンにPVが上映される中、パフォーマンスを行った。

20151101-ymm01.jpg

 

 ライブ終了後には、本作の監督を務めた朝倉加葉子を交えて、舞台挨拶が行われた。公開初日を迎えた感想を聞かれたけちょんは、「思ったより沢山の方がいっぱい来てくれて嬉しいです。こんな大きなスクリーンで私たちの映画が流れて、嬉しいです!」と語り、しふぉんも「今日はゆるめるモ!の為に沢山お越し頂きありがとうございます。今の6人だから出来る映画だと思います。1回だと見落としている部分も多いと思うので、2回、3回と楽しんで頂けたらなと思います」と、リピート鑑賞を観客に促した。

 ハロウィン当日にちなみ、仮装で登場したゆるめるモのメンバーたち。しふぉんはチシャ猫、ちーぼうはフランスで売れ残った呪われた人形、ようなぴは悪魔、けちょんはジキルとハイド、もねは『あの花』のメンマと、それぞれ仮装のコンセプトを解説する。赤ずきんの格好をしたあのは、てんとう虫だと説明。「てんとう虫がやりたいなと思って、売ってなかったから、これでいいかって」と話し、会場を和ませた。

20151101-ymm02.jpg

 

 朝倉は、ゆるめるモ!の女優としての魅力を、「皆さんしっかりとカラーを持っている方達なので、それぞれのびのび演技をしてくれて、初主演の映画を魅力的に演出してくれたと思います。ゆるめるモ!と一緒に映画を作れて良かったです」と語り、トークはメンバーが一番印象に残ったシーンの話に。ちーぼうは、キャバ嬢の部屋に掃除をしにいくシーンを挙げ、「キッチンをもねちゃんと掃除しているところで、炊飯器の中から緑色の気持ち悪い物体が出てくるんです。あれは本当に緑のスライムが出てきて、CGじゃないんですよ。本物だから、本当に汚かったですね」と語り、もねは「最後に皆で輪になって踊っているシーンと、最初のマカロン食べている所」を挙げた。朝倉も、「色々なことに初めて挑戦してもらったと思うんですけど、最後の踊るシーンは、最後に撮ったので。色々してもらいつつ、踊っている彼女たちが一番魅力的だなあと素敵に胸に残りました」とラストシーンが一番印象に残ったと語った。

 最後に一言を求められたようなぴは、「この6人が今ゆるめるモ!として活動しているからこそ見えてくる景色が、この映画の中でも描かれているんじゃないかなと思います。今この6人で頑張っている姿と照らし合わせて観てもらえたら良いんじゃないかと思います。ゆるめるモ!をまだ知らない人に、今、この映画を観てくれた方が良さとかを少しでも色んな人に伝えて頂けたら嬉しいなと思います」とコメント。あのは、「ホラー映画なんですけど、生きる、死ぬとか重いテーマも何か少しだけこの映画から感じとってもらえたら良いなと思います。ここに集まってくれた幽霊の方々(お客様)、ありがとうございました」と独特の表現で感謝の気持ちを口にする。最後にしふぉんが、「こういう個性を生かせる映画という作品を残せたことは、これから一生形として残ると思うんですね。ゆるオタの皆さんにも、その他のみなさん(劇中曲名に絡めて)にも好きでいてもらえたら良いなと思います。今日はありがとうございました」と語り、舞台挨拶を終えた。

20151101-ymm03.jpg

 

■公開情報
『女の子よ死体と踊れ』
シネマート新宿ほか全国順次ロードショー中
出演:ゆるめるモ!〈もね、けちょん、しふぉん、ようなぴ、あの、ちーぼう〉、松田優、原扶貴子、尾本卓也、国分崇、川連廣明、信國輝彦、古内啓子
監督・脚本:朝倉加葉子
2015年/日本/カラー/2ch/ビスタ/70分
配給:日本出版販売
(c)2015 YOU’LL MELT MORE!Film Partners
公式サイト:ymm-film.com

「ゆるめるモ!、初主演映画の舞台挨拶にハロウィン仮装で登壇 「今の6人だから出来る映画」」のページです。の最新ニュースで映画をもっと楽しく!「リアルサウンド 映画部」は、映画・ドラマ情報とレビューの総合サイトです。

表示切替:スマートフォン版 | パソコン版