稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾、37年続く絆はバランスのよさにある 企画力、脱力感……かけがえのない関係性

 草彅剛が4月19日、自身の公式YouTubeチャンネルにて動画「慎吾ちゃんに助けてもらった時の話。【草彅剛】」をアップ。そのタイトルにある通り、親友・香取慎吾の助言によってファンミーティングが成功したエピソードを披露した。

直前のリハーサルで発揮された、香取慎吾のプロデュース力

 今年1月1日・2日に東京・日本武道館で行われた新しい地図のファンミーティング『NAKAMA to OSHOGATSU (お正月)~2024年もよろしく!』。そのなかのソロでの弾き語りコーナーで、草彅はあいみょんの「恋をしたから」を歌ったのだと振り返る。

慎吾ちゃんに助けてもらった時の話。【草彅剛】

 話しながら、自然とギターを弾き始める草彅。そのリラックスした歌声が実に心地好く、しばし耳を傾けていると「……みたいな。みたいなっていうか、この歌を歌ったんですけど。これ今キーが低くて。実際はカポをしてキーを上げて歌ったから。なんとか形になった弾き語りができたの」と微笑むのだった。

 「(原曲よりも)低いでしょ?」「女性のキーだから男性が歌うと、たぶんオクターブ下になって歌わないといけなくて。そういうのよくわかってなくてさ、“この曲がやりたい!”と思って」と自ら選曲したと話す。

 だが、武道館の広い空間ではその低いキーのままだと「ボソボソ歌っている」という印象になってしまったそう。そこで「これはつよぽん、マズイな」「いくらマイクを近づけてもボソボソすぎるから、キーを上げたほうがいいよ」と助け舟を出したのが、ほかならぬ香取だったというのだ。

 本番の前日に行われたリハーサルで受けたアドバイス。にもかかわらず、調整していく草彅の対応力もさすがのひとことだ。「慎吾プロデューサーが言ってくれたおかげで。でも、めちゃくちゃよかった!」「手応えあってね。あいみょんさんの曲がいいから、一生懸命歌えばどうにか形になるんじゃないかなって思ってね。だからよかったね、慎吾ちゃんが言ってくれて」と、結果的に本人も大満足のパフォーマンスとなったようだ。

 ちなみに、その時の稲垣吾郎は「微笑んでね、見守ってるだけでした(笑)。“長いな、まだつよぽんのギターのやつ調整してリハーサルしてんの?”と内心イラチしてたのかな?」というのも、3人のバランスのよさを感じさせる一幕だった。

香取慎吾のYouTube動画でも発揮された視野の広さと企画力

 かねてより香取のプロデュース能力の高さは広く知られているところ。かつてはSMAPのコンサート演出を手掛け、後輩・山下智久のソロライブツアーの総合演出を務めたこともあった。近年では、自身のソロライブの演出はもちろん、出演するバックダンサーのオーディションまで担当しているとも明かしている。

 GENERATIONSによるバラエティ番組『GENERATIONS高校TV』(ABEMA/2023年5月20日放送回)にゲスト出演した際には、ライブ演出を担うようになった経緯について「いつのまにか僕がやっていたわけですよ。“慎吾がこれから演出”ということではなく、気づいたらやっていた」と、振り返る場面も。

 そして「なんで俺がこれやってんのかな」と思うこともあったとも語られた。「ライブの演出はスタッフと打ち合わせもいっぱいしなきゃいけないじゃん。大体ビール片手にやってたよね……。“仕事じゃないよね”“僕は別料金もらってませんから”って!」と笑いを交えながら、当時の心境について語っていたのが印象的だった。

 「いつのまにか」香取にその大役が回ってきたというのも、彼の言動を見ていると納得せずにはいられない。たとえば、4月19日に香取のYouTubeチャンネルにアップされた動画「2024年は何をする?香取慎吾「企画会議」を開きます!【しんごちん】」では、香取の持つ才能を随所に感じることができるからだ。

2024年は何をする?香取慎吾「企画会議」を開きます!【しんごちん】

 フライドポテトを食べながら今後YouTubeで何をするかについて話すという、一見するとゆるくなりそうな趣旨の動画。だが、再生してみると香取の持つ視野の広さと企画力に驚かされるばかりだった。ソファに座ってすぐに窓の隙間が少し開いていることに気づく香取。道行く人が、その隙間からスタジオのなかを見た時にどんなリアクションをするのかを想像してみせる。

 そんなことをスタッフと話しながらも、ポテトを揚げる油の温度が今どのくらいなのかを随時チェックするマルチタスクっぷりを披露する。さらにポテトの揚がり具合を気にかけながら、ファッショントークや公園巡りなどアイデアも次々に出していく。

 同時にロケをするなら場所はどうするのか。“香取慎吾”でいくのか、それとも“しんごちん”というキャラクターでいくのか……と、スタッフと楽しく会話しているうちに「いいじゃないですか、いいの出たよ!」と香取本人も、そしてスタッフも視聴者も楽しみになる企画が決まっていくのが、実に気持ちいい。

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる