NCT、SEVENTEEN、TREASURE……日本での大規模公演が続々 コロナ禍でも人気広がり続けた背景

 音楽業界が着々とウィズコロナ時代への足を進める中、以前にも増した勢いでK-POPアーティストが日本にて多くの公演を開催している。なぜ彼らはこのコロナ禍においても人気が高まり、さらなる飛躍を続けているのだろうか。

 「開放」と「拡張」という類をみないコンセプトを持つ多国籍グループ・NCTは、2016年のNCT Uのデビューを皮切りに、NCT 127、NCT DREAM、WayVとグループ内ユニットが続々とデビューした(※NCT Uは活動ごとにメンバーが異なり、2016年のデビュー曲「The 7th Sense」のメンバーはテヨン、マーク、テン、ジェヒョン、ドヨン)。その中でも、NCT 127は2018年に日本デビューを果たし、2022年5月から6月にかけて東名阪でのドームツアーを成功させた。また、NCT DREAMは、先日日本公式ファンクラブが設立され、11月から約2年半ぶりとなる日本ツアーが予定されている。彼らは、コロナ禍以前からV LIVEでリアリティ番組を配信し、コロナ禍以降はさらに提供するコンテンツを多様化させてきた。さらに、NCT LABというプロジェクトを始動させ、ソロ曲・自作曲・ユニット曲の活動も行うなど幅を広げている。

 2015年に韓国デビュー、2018年に日本デビューを果たしたSEVENTEEN。2020年、新型コロナウイルス感染拡大の煽りを受け、日本でのドームコンサートをはじめ多数のコンサートが延期や中止を余儀なくされた。彼らはその後も、韓国国内のみではなく日本へ向けた活動も積極的に行ってきた。シングルやミニアルバムの発売はもちろんのこと、スペシャルファンミーティングやオンラインコンサートなどその活動は多岐に渡る。また、メンバーのJEONGHAN(ジョンハン)はもさを。の「会いたい」のカバー、JUN(ジュン)は高橋優の「ヤキモチ」をYouTubeにて公開し、日本のファンを喜ばせていた。

[COVER] 정한 – 会いたい (Aitai) (원곡 : もさを。)
[COVER] JUN – ヤキモチ(YAKIMOCHI) (원곡 : 高橋優(타카하시 유우))

 感染症流行後、初となる対面のファンミーティングが2022年5月にさいたまスーパーアリーナにて開催された際には、日本入国後の自主隔離期間にV LIVEで深夜に6時間にわたり配信を行うなど、積極的にファンとコミュニケーションを取っていた。確実にファンの心を掴み続けた彼らは、延期していたドームコンサートを満を持して11月から12月に開催予定だ。

 YGエンターテインメントよりiKON以来約5年ぶりとなる2020年にデビューしたTREASUREは、2021年に日本デビューも果たした。コロナ禍でのデビューとなった彼らだが、2022年初めにリリースされた『THE SECOND STEP : CHAPTER ONE』リード曲「JIKJIN」は米ビルボードのグローバル200にチャートインし、同ミニアルバム収録の「DARARI」もTikTokなどSNSを通じ世界的にヒットするなど勢いを増している。また、リアリティ番組『TREASURE MAP』を2シーズンに渡りYouTubeにて配信、日本人メンバーが日本へ休暇に訪れた際の様子も同様にYouTubeにアップされている。

[TREASURE MAP] EP.10 ✩ T-LOG ✩ 트레저 휴가 셀프캠

 さらに、メンバーのPARK JEONG WOO(パク・ジョンウ)が優里の「ベテルギウス」カバーをTwitterにて公開した。また、初の地上波冠番組『TREASURE COLLECTION』(フジテレビ /関東ローカル)が放送されるなど、日本へ向けた活動も多く行ってきた。TREASUREが2022年11月から2023年1月にかけて、韓国アーティストの初来日ツアーとしては史上最多の動員数となるアリーナツアーを行うのも納得だ。

関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる