内田真礼、鬼頭明里、石川由依、towana……カバーソング企画『CrosSing』で堪能する名演の数々

 各業界で活躍するアーティストの声を届けるカバーソングプロジェクト『CrosSing – Music&Voice-』(クロスシング)が、今年3月1日から始動した。様々な分野のアーティストやタレントが動画サイトにカバーソングを投稿したり、声優の音楽活動への進出も珍しくなくなった昨今。プロジェクト名の通り、楽曲と声、ふたつの才能をクロスさせるCrosSingは、現在公開されている面々だけでも本気度の高さを感じさせる企画となっている。その中から、先だって公開された4つの楽曲の魅力を紐解きたい。

CrosSing – CHANNEL INTRODUCTION

内田真礼「ブルーバード」

 プロジェクトの先陣を切る第一弾アーティストは内田真礼。『中二病でも恋がしたい!』(TOKYO MXほか)の小鳥遊六花や『乙女ゲームの破滅フラグしかない悪役令嬢に転生してしまった…』(TOKYO MXほか)のカタリナ・クラエスなど、声優としてコンスタントな活躍を見せる傍ら、2014年からアーティストとしても活動を開始し、アニメ主題歌の担当やライブツアーを行うなど精力的な活動を続けている。アーティストとしての内田の歌声は、かわいらしくもはつらつとしていて、明るい雰囲気を生み出す力を持つ。そんな内田がカバーする曲として選んだのは、いきものがかりの「ブルーバード」。ボーカル・吉岡聖恵のパワフルで伸びやかな歌声が魅力のいきものがかりの楽曲の中でも、青春を思わせる爽やかさと少しの切なさが込められているのが「ブルーバード」だ。

内田真礼 – ブルーバード from CrosSing

 「ブルーバード」は、内田自身、学生時代に聴いていて、カラオケでも歌っていた思い入れのある楽曲だという。自在に高音を行き来し、力強さと伸びやかさとキュートさを兼ね備えた歌声で、内田自身の青春の記憶とも重なるように「ブルーバード」の世界観を切り取った。

鬼頭明里「怪物」

 同じく、声優としてもアーティストとしても目覚ましい活躍をしている鬼頭明里。『鬼滅の刃』の竈門禰豆子役で声優としての立ち位置を確固たるものにした。アーティストとしては、「No Continue」など激しいロックから、「23時の春雷少女」のような可愛らしさが全開のポップスまで歌いこなす、歌声の幅広さが武器だ。

 そんな鬼頭がチョイスしたのは、YOASOBIの「怪物」。ダークなエレクトロサウンドで、音域の幅広さ、転調の多さ、めまぐるしい音程の上下が続くこの曲は、シンプルに歌うのが難しい楽曲と言っていいだろう。それを見事に歌いこなした歌唱力と、あえて無機質さを強調した歌い方で楽曲の持つ妖しげな雰囲気を盛り上げる、楽曲の世界観構築が巧みだ。「難しい曲ほど歌えた時に気持ちがいい」という鬼頭だからこそ、あえてこの楽曲を選んだのだろうし、実際レコーディングもスムーズだったという。鬼頭のアーティストとしての技術を知らしめる曲となった。

鬼頭明里 – 怪物 from CrosSing
【INTERVIEW】鬼頭明里 – 怪物 from CrosSing



関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる