=LOVE、『MUSIC BLOOD』出演で本格的ブレイクの波へ “イコラブ沼”を11人の個性と楽曲の良さから解説

 =LOVE(以下、イコラブ)が本日1月28日放送の『MUSIC BLOOD』(日本テレビ系)に出演する。

 過去『MUSIC BLOOD』に登場した女性グループは、AKB48、モーニング娘。’22(出演時はモーニング娘。’21)、BiSH、乃木坂46、日向坂46といった『NHK紅白歌合戦』(NHK総合)への出場経験もある面々。イコラブはここに次ぐ形となり、昨年9月の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)初出演に続き、本格的なブレイクの波に乗っている印象だ。

 2017年9月にデビューしたイコラブは、指原莉乃がプロデュースを手がけるアイドルグループ。1000人以下の小さなシアターライブから着実に動員を増やしていき、Zepp規模のライブハウスを経て、2021年には日本武道館公演と横浜アリーナでファイナルを迎えた全国ツアーを成功させている。

 『MUSIC BLOOD』の放送内では、女性人気の高いイコラブの謎が紐解かれるとのこと。番組の公式サイトに書かれている“指原莉乃がプロデュースする次世代アイドルグループ”という肩書きの通りに、イコラブにとってはプロデューサーである指原の存在、知名度は絶大であり、そこが最大の入り口でもある。また、早くからコンサートにおいてカメラ撮影が許されたカメコ席も取り入れており、特にデビュー1〜2年目はメンバーの齊藤なぎさに注目が集まり、かつての“橋本環奈の奇跡の一枚”にも似たステージ中のワンショットが度々SNSで話題に。これらも、グループを知る1つのきっかけだったように思う。

 「ようこそ!イコラブ沼」とは、2ndシングル『僕らの制服クリスマス』に収録された楽曲であり、そこでは〈個性豊かな 12人 揃ってる 好きなメンバー お好きなように〉と歌われている(現在は佐竹のん乃が卒業し11人)。筆者が思う、イコラブ沼にズブズブとハマる最大の要素は、メンバー1人ひとりの個性がきちんと立っていること。そして、それぞれの個性を楽曲のセンターとして分かりやすくMVにパッケージングすることで、楽曲とメンバーがセットになった、初心者でもすぐに顔と名前が覚えられる紹介VTRとしても機能している。分かりやすく言ってしまえば、イコラブは11人全員がセンターに立つことができるのだ。

=LOVE(イコールラブ)/ ようこそ!イコラブ沼【MV full】

 多くのシングル曲でセンターに立ってきた髙松瞳は、「=LOVE」「探せ ダイヤモンドリリー」「青春“サブリミナル”」といった楽曲で王道清純派アイドルのイメージを纏い、野口衣織は「手遅れcaution」、ソロ曲「拝啓 貴方様」で中性的な魅力を放ちながら「「君と私の歌」」でしっかりと愛らしい表情も魅せる。齊藤はそのビジュアルから勘違いされることも多いが、ソロ曲「現役アイドルちゅ〜」でゴリゴリのアイドル像を演じきる一方、「ズルいよ ズルいね」ではシリアスなイコラブを確かな歌唱力で表現する人一倍の努力家だ。

=LOVE(イコールラブ)/ ズルいよ ズルいね【MV full】

 齋藤樹愛羅に至っては、「樹愛羅、助けに来たぞ」で分かりやすくグループの最年少ポジションを落とし込みながら、反骨精神を剥き出しにした「いらないツインテール」、さらに大人と子供の狭間の気持ちを歌った「セノビーインラブ」で自身の成長を描いている。TikTokから火が点き、大きなバズを生んだ「しゅきぴ」でセンターを務めた佐々木舞香は、夏の終わりを感じさせるセンチな「夏祭り恋慕う」でまた違った表情を魅せる。昨年末の『SASUKE2021』(TBS系)に続き、延期となっていた『東京マラソン2021』への出場も決まっている瀧脇笙古は、「BPM170の君へ」でランニングウェアを身に纏い、体育会系アイドルというグループにおける独自のポジションを確立している。

=LOVE(イコールラブ)/ 10th Single c/w『BPM170の君へ』【MV full】



関連記事

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる