プロダンスリーグ『D.LEAGUE』第2シーズンROUND.2 “近未来のSPダンサー”登場でSEGA SAMMY LUXが連覇

『D.LEAGUE』第2シーズンROUND.2レポ

 日本発のダンスプロリーグ『第一生命 D.LEAGUE 21-22』ROUND.2が11月25日に行われ、SEGA SAMMY LUXが92点(ジャッジ点75+オーディエンス点17)で優勝した。

 第2シーズンの参加チームは、昨シーズンに引き続きavex ROYALBRATS、KADOKAWA DREAMS、KOSÉ 8ROCKS、CyberAgent Legit、SEGA SAMMY LUX、SEPTENI RAPTURES、FULLCAST RAISERZ、Benefit one MONOLIZ、USEN-NEXT I’moonの9組と、新たに加わったdip BATTLESとLIFULL ALT-RHYTHMを合わせた計11チーム。

 レギュラーシーズンは全12ラウンドとなっており、各チームが8人編成・2分から2分15秒のパフォーマンスで争う。そしてレギュラーシーズンの上位4チーム、ワイルドカード枠2チームによるチャンピオンシップで勝者が決定するという流れだ。

 開幕戦は異例のKADOKAWA DREAMSとSEGA SAMMY LUXの同率優勝。さらにパワーアップした2年目のレギュラーシーズンになると予感される内容だったが、2戦目はどんなパフォーマンスが飛び出すのか期待が高まっていた。

PEET
STEZO
長谷川達也
UCHIKO
CHIHARU
振付稼業air:man 杉谷一隆
向井地美音
previous arrow
next arrow
 
PEET
STEZO
長谷川達也
UCHIKO
CHIHARU
振付稼業air:man 杉谷一隆
向井地美音
previous arrow
next arrow

 今回の審査員はDANCER JUDGEとしてPEET、STEZO、長谷川達也、UCHIKOの4名、ENTERTAINER JUDGEとしてテリー伊藤、CHIHARU、振付稼業air:man 杉谷一隆、向井地美音の4名。さらに別途で加わるオーディエンスポイントも勝負を左右する。

 先陣を切ったのはLIFULL ALT-RHYTHM。前回の中東風とは打って変わった音楽で、大胆な衣装チェンジがハイライトの物語性あるショウケースを披露。この作品が60.5点(PEET7.5、STEZO7.5、長谷川8、UCHIKO8、テリー8.5、CHIHARU5.5、air:man7.5、向井地8)を獲得した。

LIFULL ALT-RHYTHM

 続くdip BATTLESが、審査員でもお馴染みのWAPPERが振り付けた西海岸的な雰囲気のあるナンバーで58.5点。そして前回の勝者・KADOKAWA DREAMSはグルーヴ感あふれる作品で貫禄を見せつけ68点を獲得。FULLCAST RAISERZは持ち味であるクランプの、Benefit one MONOLIZはヴォーグのバトル文化を作品に落とし込んだ内容で、ともに62点。

dip BATTLES
KADOKAWA DREAMS
FULLCAST RAISERZ
Benefit one MONOLIZ
previous arrow
next arrow
 
dip BATTLES
KADOKAWA DREAMS
FULLCAST RAISERZ
Benefit one MONOLIZ
previous arrow
next arrow

 そして、もう一方の前回覇者・SEGA SAMMY LUXの「秘密兵器」が炸裂する。なんと初のSPダンサーとして“2042年から来た”というRAARAを迎えた異色のパフォーマンス。これが映える衣装も相まって大きなインパクトを残し、得点はこの日唯一の大台となる75点(PEET9.5、STEZO9.5、長谷川達也9、UCHIKO9.5、テリー10、CHIHARU9、air:man9、向井地9.5)。向井地も「素直に一番引き込まれた」と驚嘆した。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる