Snow Man 阿部亮平&佐久間大介、『ミラクル9』に揃って出演 “あべさく”の二人を繋ぐ3つの共通点

 本日11月24日放送の『くりぃむクイズ ミラクル9 拍手喝采!2時間SP』(テレビ朝日系)にSnow Manの阿部亮平と佐久間大介が出演する。2017年の初出演以降、ナインチームの一員として活動してきたジャニーズの頭脳派・阿部。今年4月の放送ではルーキーナインのキャプテンに抜擢され、初キャプテンにしてチームを勝利に導いた。今夜の放送でもゲストチームのキャプテンとしての活躍が期待される。

 9人グループのSnow Manは、2人・3人の組み合わせでラジオやテレビ出演、取材に応じる機会が多い。その中でも阿部と佐久間は“あべさく”の愛称で親しまれているコンビだ。プライベートでも仲が良く、リラックスしたトークが魅力の二人。5月19日は以前「記念日」に関する対談の中で二人が「あべさく記念日」として認定したことから今年もSNSでハッシュタグがトレンド入りする盛り上がりを見せた(※1)。11月4日放送のレギュラーラジオ『素のまんま』(文化放送)でも久々に阿部と佐久間が揃うなど、ここにきて“あべさく”の出演が続いており、ファンから喜びの声があがっている。

 そんな阿部と佐久間だが、過去には「共通点ゼロの両思い」(※2)と称されたように真逆のキャラクターとして認識されることが多かった。しかし、ここ最近の彼らの活躍を見ていると実は様々な共通点があるように感じる。

 まず一つ目は「好きなことに対する知識量と情熱」。阿部は上智大学大学院卒の優秀な頭脳を生かして『ミラクル9』などクイズ番組に出演することが増えたが、忙しい合間をぬって移動中などに勉強しているとメンバーたちからのエピソードで聞くことがよくある。先日も気象予報士、世界遺産検定2級に加え、天文宇宙検定3級を取得したという報告があった。学ぶことを心から楽しみ、新たに得た知識で仕事の幅を広げ続けている。一方の佐久間は「アニメオタク兼Snow Man」と自己紹介するほどのアニメオタク。最近では「佐久間ニキ」の愛称でアニメファンからも認知されている。11月22日に出演した『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)でも人気声優との共演に大興奮。家にいる間はすべてアニメを見る時間に注ぎたいと熱心に語っていた。今夏には中米共同制作のフル3DCGアニメ映画『白蛇:縁起』日本語吹き替え版で声優初主演(三森すずことW主演)を務めており、アニメ愛が様々な形で実を結び始めている。このように向かうベクトルは異なれど、それぞれに対する知識量と情熱は共通しているように感じるのだ。

 二つ目は「あざとさ」。Snow Manであざといメンバーと言えば阿部。2021年9月18日放送の『あざとくて何が悪いの?』(テレビ朝日系)に渡辺翔太とラウールが出演した際、あざといメンバーについて「阿部亮平がぶっちぎり」だと言われたように、おそらく全メンバーが阿部の名前を挙げるであろう“あざとさ”を様々な場面で発揮している。そのあざとさはカメラの前だけでなく、深澤辰哉からは仕事終わりにみんなで車で帰る際、先に車を降りた阿部がメンバーの乗っている車にずっと手を振っていた姿があざとかったとのタレコミもあったほどだ(10月7日放送『素のまんま』より)。一方の阿部は、自分以外であざといと思うメンバーに佐久間の名前を挙げ、パフォーマンス面での“あざとさ”に言及したことも。たしかにパフォーマンス中の佐久間はいい意味であざとい。自分がどう見られるかに意識的であり、自分の見せ方がよくわかっている。ぜひ先日公開された「僕の彼女になってよ。」Solo Lip Sync動画で二人の“あざとさ”を堪能していただきたい。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる