SixTONES、7 MEN 侍&なにわ男子との交流から垣間見える“先輩としての風格”

 後輩といえば、11月12日にCDデビューが決定しているなにわ男子についても、 SixTONESはかねてから自身のもつラジオ番組『SixTONESのオールナイトニッポンサタデースペシャル』(ニッポン放送)で言及してきた。7月31日の放送回では、7月28日に発表になったばかりのなにわ男子のCDデビューについてが話題になり、京本大我が田中に「高橋恭平から事前に(デビューを)聞いてなかった?」と尋ねると、横浜アリーナで行われたライブの誘いを受けたが仕事でいけなかったと明かし、後悔を滲ませていた。

 田中はなにわ男子のデビューを喜ぶと共に「負けてられない」、「また闘志を燃やされた感じがあります」とも語り、京本も「歌番組とか楽しみだね」と共演に思いを馳せた。またデビュー発表直後は水を飲む暇もないくらいに忙しかったと、自身の経験を語った二人。京本は「めっちゃくちゃ忙しいと思うので、体だけ気を付けてね」と気遣っていた。

 さらに、9月25日の放送回では、田中が10月から『なにわ男子のオールナイトニッポンPremium』が半年間限定でスタートすることを紹介。なにわ男子について「クオリティ高いし、歌もうまいし踊りもうまくて、怖いねぇ」と言えば、京本も「これはちょっと強敵なんじゃないですか」となにわ男子を脅威に感じていると話す。

 さらに、田中は同じ土曜の放送で、SixTONESよりも30分長い2時間番組であることを踏まえて、「俺ら頑張ってきたじゃない! 30分もらえないかな?」となにわ男子の枠をもらえないかと話し、京本も「1年後、2年後、こっちまで吸収されてない?」と懸念すると、「まず第一としてSixTONESより面白いこと言うの禁止」と田中が笑わせるシーンも。

 その後も「『オールナイトニッポン』って滑った方がおもろい」、「ミスの回数でリスナー増えると思った方がいい」と言えば、京本も「間をいっぱい作ったり、噛んだり、同じこと何度も言っちゃうとか、あとクロストークもしまくった方がいい」とコメント。

 その勢いは止まらず、「何言ってるかわからないラジオって本当に人気なの!」、「ニッポン放送は土足禁止」、「ネクタイは第3土曜日だけ(Tシャツの上からでもいい)」「トイレ我慢して番組はじまってから行った方がいい」など、むちゃくちゃなアドバイスを送る先輩・ SixTONESの姿を垣間見ることができた。

 その後も京本のジングルを踏まえて、オープニングトークからジングルのコツまでを指南。田中は手の内を見せすぎた感はあるとしながらも、「後輩が上手くいってジャニーズが盛り上がるなら全然いい」、京本も「ジャニーズファーストだもんな、俺らは」と語っていた。おちゃらけながらも、しっかりと後輩の番組の宣伝になっていたのは言うまでもない。

 デビュー2年目。誰を相手にしても楽しいトークを展開するのがSixTONESの魅力。この先、さらに増えるであろう後輩たちとSixTONESの共演も楽しみの一つとなりそうだ。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる