三代目 J SOUL BROTHERSの10周年を振り返る 第3回:“EXILE TRIBE”を背負った7人の躍進&「R.Y.U.S.E.I.」の大ヒット

三代目JSBの10周年を振り返る 第3回

 そして、運命の2014年が幕を開ける。2014年1月1日、グループ史上初のベストアルバム&オリジナルアルバム『THE BEST / BLUE IMPACT』をリリース。アルバム『BLUE IMPACT』は、メンバー(今市隆二)が初めて作詞を手がけた「PRIDE」も収録され、三代目 J SOUL BROTHERSの勢いを感じさせるバリエーション豊かな作品となった。もちろん大ヒット。続けて1月8日からスタートした単独ツアー『三代目 J Soul Brothers LIVE TOUR 2014 “BLUE IMPACT”』では全国13都市34公演を行い、計40万人を熱狂に導いた。そんな最高潮のツアーファイナル(4月20日さいたまスーパーアリーナ)で、「個々のパワーをこれからもっと上げ、一人ひとりが確固たるエンターテイナーに向かっていくことでEXILE TRIBEが強くなっていくと感じました。個人の活動にも積極的に挑戦し、気合入れて頑張っていきたいと思います」(※5)と目を輝かせたのは、いつも天真爛漫なELLY。彼の予告通り、4月27日には『4.27 EXILE PERFORMER BATTLE AUDITION FINAL in NIPPON BUDOKAN』にて、岩田剛典がEXILE第四章のメンバーに決定し、三代目 J SOUL BROTHERSからは3人がEXILEと兼任することとなった。すると、そこで注目されたのを機に、岩田は俳優業にも力を入れるように。これまで演技に挑戦したことのなかったメンバーも新たな扉を開き、登坂広臣初主演の映画『ホットロード』も公開。ELLYも6月4日にリリースされたEXILE SHOKICHIのシングル『BACK TO THE FUTURE』収録の「THE ANTHEM」でラッパーとしての活動をスタートさせ、メンバー達は1人、また1人と自分の進むべき道を歩き始めた。

 同時に、グループ全体にとっても2014年は飛躍の年となった。3月26日にリリースされた12ndシングル『S.A.K.U.R.A.』を皮切りに“春夏秋冬シリーズ”と銘打った4部作を発表すると、第2弾である13rdシングル『R.Y.U.S.E.I.』(6月25日)が大ヒット。艶のあるラブバラードが印象的な“EXILEの後輩グループ”は、“幅広い世代に愛される三代目 J SOUL BROTHERS”へと変身を遂げた。「R.Y.U.S.E.I.」は、三代目 J SOUL BROTHERSが初のオリコンウィークリーランキング1位を獲得したシングル『FIGHTERS』のプロデューサーでもあるSTYが手がけたダンスチューンで、かねてより「EXILEにとっての『Choo Choo TRAIN』のように、ダンス&ボーカルグループとしてのヒット曲がほしい」(※6)と望んでいたメンバーの想いを形にした1曲。グループ随一の振付センスを持つELLYが、ヒップホップダンスの基本ステップ“ランニングマン”を取り入れて考案したキャッチーなダンスも、ブームに火をつけるきっかけとなった。

三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE / S.A.K.U.R.A.
三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE / 「R.Y.U.S.E.I.」Music Video

 2014年が、EXILE TRIBEが6年に一度行う“PERFECT YEAR”の年であったことも、彼らがブレイクした一因と言えるだろう。6月には『EXILE TRIBE PERFECT YEAR 2014 SPECIAL STAGE “THE SURVIVAL” IN SAITAMA SUPER ARENA 10DAYS』と題して、二代目 J Soul Brothersとライブを行った。さらに9月から12月にかけては、全国規模のドームツアー『EXILE TRIBE PERFECT YEAR LIVE TOUR TOWER OF WISH 2014 ~THE REVOLUTION~』に出演しながら、4部作の後編である『C.O.S.M.O.S. ~秋桜~』(10月15日)、『O.R.I.O.N.』(12月10日)をリリース。その集大成ともいうべき2014年末には、10thシングル曲の「冬物語」で『第64回NHK紅白歌合戦』に出場し、「R.Y.U.S.E.I.」で「第56回日本レコード大賞」を受賞するという快挙を成し遂げた。

三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE / 冬物語

 とはいえ、名実共に国民的アーティストの仲間入りを果たしてもなお、さらなる高みを目指して7人の魂は燃え続ける。翌年のインタビューで、岩田剛典が「今は三代目J Soul BrothesとEXILEを兼任していますが、EXILEメンバーになることにより、三代目J Soul Brothesに一般性を持ち帰り、グループの幅を広げられたらいいと思いますし、そんなふうにいろいろなことをつなげていければいいですね」(※7、原文ママ)と語っているように、彼らの世界はここからさらに広がっていくのだった。

※1:『OUT of MUSIC』Vol.22
※2:https://www.barks.jp/news/?id=1000097999
※3、4:『OUT of MUSIC』Vol.26
※5:https://www.oricon.co.jp/news/2036562/full/
※6:NHK『SONGS』(2015年放送)
※7:http://www.team2020.jp/_ct/16852168

三代目 J SOUL BROTHERS History バックナンバー

第2回:EXILE魂を受け継ぎ、急速に成長した“ブレイク前夜”
第1回:過酷な試練乗り越えた7人による“始まりの瞬間”



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる