HICO、ORβIT SHUNYA&TOMOやBXW グチェレスタケルも登場したオンラインショー 20歳の誕生日祝うサプライズに涙

HICO、オンラインショーレポ

 7月7日、アーティストのHICOが『HICO ONLINE SHOW「Puzzle Piece1 ~Piece of a Dream~」』を開催した。この日はHICOの20歳の誕生日であり、アーティストデビューから1年を迎えたことから、メモリアルなイベントとなった。HICOは、特技であるダンスとチャーミングなキャラクターで注目を集め、根強いファンを獲得している。今回のイベントはさらにエンターテイナーとしての未来を大きく期待させる内容であった。

 まず勢いよくバックダンサーと共に登場したHICOは、昨年にデジタルシングルとして配信したオリジナル楽曲「STRAWBERRY」を披露。七夕の夜に彦星を彷彿とさせる白い光沢のある衣装と、キレのあるダンスや可愛らしいハスキーボイス、歌いながら踊るスキルの高さが合わさり、華やかなオープニングとなった。

 同イベントはダンスショーの形式を採っており、3つのセクションから成り立っていた。最初のセクションでは、過去を表現するステージを展開。まず、少年期のHICOを演じるダンサーが登場し、シリアスな音楽の中でガムシャラにダンスを披露。そこにHICOが現れ、今度は少年を操ったり、シンクロしたダンスを繰り広げた。過去の自分とその当時より何倍も成長した自分自身との共演を経て、努力を惜しまずに挫折を乗り越えた幼少期を表現する。続いて、ダンサーを引き連れ、制服風の衣装を着て登場。今度は甘酸っぱい青春時代を演出した。恋をしたり、友人とのすれ違いを経験したり、学生生活の楽しさと思春期の繊細さを再現。普段はソロアーティストとして活動するHICOが、同年代のダンサーと純粋にダンスを楽しむ姿は貴重かもしれない。また、HICOにとって人生の大きな転機となった10代最後の時期を、オリジナルメドレーに乗せたダンスで再現。当時と比べて大人っぽさも増したことが感じられた濃い時間となった。

 VTR「ウチらの最強Style」では、同じ事務所に所属するORβITのSHUNYAとの寸劇も披露した。パジャマ姿でヘアバンドをつけるなど、女子会をイメージしたコミカルなやり取りで楽しませた。キレのあるトークとメルヘンな世界観はステージに引き継がれ、SHUNYAとのコラボパフォーマンスへ。スカートやカチューシャだけでなく、ヒールを履いた本格的なカフェ店員の女装姿で自分等で作詞したという歌を披露。その後のMCでは、視聴者のリアクションが気になっていた2人だが、「終わって欲しくなかった」とかなりノリノリで挑んでいたようだ。

 続いて事務所の垣根を超え、ボーイズグループ・BXWのメンバーであるグチェレスタケルが登場。YouTubeの企画に続いてHICOとの2回目のコラボが実現した。HICOとは、17歳で知り合い、第一印象から同じ匂いを感じていたと意気投合する仲。2人はセクシーなダンスパフォーマンスで、それぞれの個性を貫いたステージを披露した。当日はBXWの他のメンバーも駆けつけており、最高だったというリアクションを直接貰っていた。さらに、「HICOLAND」の総支配人であるHICOの相棒・COPPYともコラボステージを披露。着ぐるみのマスコットキャラクターと手を繋いだり抱きしめたり、同イベントで最も癒される時間となった。

 最後のセクションでは、髪を結ったHICOが登場。バックダンサーと息のあったパフォーマンスを披露した。HICOの現在を表現するセクションということもあり、終盤にも関わらず難易度の高いダンスを披露。HICOのみなぎるパワーは、画面越しでも強く感じられた。MCでは、真っ先に「楽しいー!」と叫ぶなど、この上ない達成感を噛み締めていたHICO。当日はHICOの20歳の誕生日でもあったため、記念の日にイベントを行えたことに関して感謝を述べていた。



インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる