作曲家/俳優の小林亜星が死去 〈この木なんの木〉や「ひみつのアッコちゃん」、「北の宿から」……記憶に残る楽曲手掛ける

 作曲家/俳優の小林亜星が、5月30日に心不全のため88歳で死去。6月14日、所属事務所がマスコミ各社を通じて明らかにした。

 小林はレナウン「ワンサカ娘」、〈この木なんの木〉で知られる日立グループ「日立の樹」、ファミリーマート「あなたとコンビにファミリーマート」など様々なCMソングや、「ひみつのアッコちゃん」、「ガッチャマンの歌」といった数々のアニメ作品のテーマソングなどの作曲で知られる。作曲を手掛けた都はるみ「北の宿から」は、日本レコード大賞を受賞。2015年には日本レコード大賞功労賞も受賞した。また俳優としての活動も行い、デビュー作となった向田邦子脚本のドラマ『寺内貫太郎一家』では寺内貫太郎役で主演を務めていた。

 小林の訃報を受け、水木一郎が「コン・バトラーVを始めプロゴルファー猿など多くの楽曲を歌わせていただきました」とコメントしているほか、小林がCM曲「どこまでも行こう」を手掛けた株式会社ブリヂストンなど、小林と関わりのある著名人や企業が追悼コメントを出している。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる