JO1 大平祥生&佐藤景瑚&白岩瑠姫、“夢のUSJ”で大はしゃぎ 3人から伝わる仲の良い空気感

JO1『CHALLENGER』(通常盤)
JO1『CHALLENGER』(通常盤)

 6月4日放送の『ウワサのお客さま』(フジテレビ系)にJO1の大平祥生、佐藤景瑚、白岩瑠姫が出演。「イケメンUSJマスター」の大平が、佐藤と白岩と3人でUSJを思いっきり楽しむロケが実現した。3人のはしゃぐ姿は見ていてとても微笑ましく、Twitter上でも大きな話題に。番組側も公式Instagramで「あまりの反響の良さにスタッフ一同びっくりしております」とコメントするほど盛り上がった。そこで今回は、楽しさしかなかった3人のUSJロケを振り返りたい。

 「オリコン3作連続1位のボーイズグループ」と紹介された3人は、なんと番組放送開始から20分以上経っても、大平は「達人」、佐藤&白岩は「イケメン」という文字で目線を隠されたまま、素顔が明かされないという状態。「いい加減もう顔を公開してあげてほしい……」と思ったのは筆者だけじゃないはず。しかし、目線を隠された状態でも3人の楽しんでいる様子は十分伝わってきた。とくに、今年オープンしたばかりの新エリア「スーパー・ニンテンドー・ワールド™」では3人のテンションがMAXに! 巨大のクッパ像を目の前に「これ家に欲しいな♡」と、いつもの“佐藤節”も飛び出した。大平がパークコンシェルジュに事前に聞いていたおかげで、マリオとルイージとの写真撮影にも成功。

 続いて訪れたのは「ミニオン・パーク」。「スペース・キラー」という射的ゲームでは、見事缶を全て倒した白岩が、ミニオンのぬいぐるみをゲット。ミニオンを大事そうにギュッと抱きしめる白岩に、全JAMがほっこりしたに違いないが、何度も言ってしまい申し訳ないが欲を言えば「イケメン」の目線を外した状態で見たかったところだ。

 レストランに入るとついに目線が外れ、3人の紹介がスタート! VTRを見ていたMCの麒麟の川島明が「一応よしもとですから」と言うと、サンドウィッチマンの伊達みきおがびっくりする場面も。無事に3人のビジュアルが公開されたところで、多いときは月に2回USJに通っていたという大平が「USJが100倍楽しくなるうんちく」を披露するコーナーへ。

 3人が訪れたのは、佐藤が「1番好き!」と話していた「ハリー・ポッターエリア」。大平いわく、ローブを纏うとクルーが他のお客さんとは違った対応をしてくれるそうだ。杖を持ち呪文を唱えて魔法をかけたり、バタービールを飲んで“映え写真”を撮ったりとはしゃぐ3人を見ていると、まるで一緒に遊びに来たような感覚が味わえてこちらも楽しい気持ちに。「ハローキティのリボン・コレクション」のハートマークの壁で、佐藤&白岩が指ハートで可愛く2ショットで写真撮影を(カメラマンは大平)。ちなみに番組公式によると、なんと写真だけでも数百枚撮影したとのこと。JO1の公式Twitterでも3人がそれぞれ写真をアップしてくれていたが、普段から仲の良い彼らの空気感がバッチリ伝わってきた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる