Hey! Say! JUMP 山田涼介、二宮和也や「ジャにのちゃんねる」通じて広まる人間的魅力

 二宮和也によるYouTubeチャンネル「ジャにのちゃんねる」が好調だ。公開から2カ月弱で、チャンネル登録者数は250万人を超えた。コメント欄には、「ジャにのちゃんねる」で二宮はじめ、KAT-TUN・中丸雄一、Sexy Zone・菊池風磨、Hey! Say! JUMP・山田涼介の4人の人間性を改めて知ったという声も多くあり、YouTubeを通じてジャニーズの新たな魅力が広がっている。

 2021年6月8日現在、公開された動画27本はすべて、100万再生以上を記録している。その中でも最も再生回数が多い動画が、山田涼介が初登場した回である。

#4 全方位完全無欠男

 二宮と山田の関係は、事務所の先輩後輩という間柄に加え、映画『暗殺教室 卒業編』や、6月12日放送のバラエティ番組『二宮ん家』(フジテレビ)など、共演機会も比較的多い。しかし、二宮と山田と言えばゲーム仲間、という認識を持つジャニーズファンも多い。お互いについてそれぞれの口から語られることもしばしばあったが、その語りっぷりからは、双方にとって心を許せる相手である、という印象が感じられる。

 山田涼介と言えば、Hey! Say! JUMPのセンターポジションを務めるアイドル。グループのみならず、ジャニーズ全体を見ても、人気、実力共にトップクラスであり、ジャニーズの顔と言える1人である。音楽番組やバラエティ番組に加え、映画やドラマの出演も多いため、ジャニーズファン以外の知名度も高い。そのため、山田涼介こそジャニーズの王道アイドル、というイメージを抱く意見も多い。

 実際に、山田のアイドルとしてのパフォーマンス力は、群を抜いて高い。まず、歌、ダンスという基本的なスキルが非常に高く、パフォーマンスに安心感がある。その上、アイドルとして魅せるポイントを熟知しており、随所で観る者を高揚させる。ビジュアルの美しさも安定して隙がなく、ストイックにセルフケアしていることが窺い知れる。プロフェッショナルのアイドル、それが山田涼介を形容するのに相応しい言葉である。

 一方、アイドルとして完璧に近い印象を与えるが故に、山田自身が実はどういう人であるかは、多くの人に伝わりにくい部分もあると思われる。山田のパブリックイメージから、もっと派手で強気な人柄を想像する人も、あるいはいるかもしれない。

 しかし、山田を深く知ると、彼が非常に真面目で控えめな人柄であることがわかる。グループ内でのメンバー同士の会話や、さまざまなインタビューでの受け答えを見る限り、おおよそ派手で強気な印象は感じられない。特に、Hey! Say! JUMPの活動が円熟味を増したここ数年、グループでの充実ぶりと比例するかのように、山田はアイドルらしからぬ素朴さを隠さなくなってきている。こうした山田の内面的な魅力は、パブリックイメージで留まっているうちはわからないものであり、山田をより深く知って初めて、彼の人間味溢れる魅力に気づくこともあるだろう。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる