ONE OK ROCK Takaと佐藤健、『るろうに剣心』以前から続く特別な関係性

 「最初は純粋に僕がONE OK ROCKのファンだったんです」ーーそう佐藤健はONE OK ROCKのTakaとの出会いを振り返り始める。5月30日に放送された『ボクらの時代』(フジテレビ系)は、監督の大友啓史を交えた3人の鼎談。Taka自身も「(ONE OK ROCKの)一番のファンは佐藤健」だと認める2人の関係性が伝わる30分となった。

ONE OK ROCK「Renegades」Japanese Version

 出会いは佐藤が17歳の頃。ファンでライブに行っていたが、後から同じ事務所であることが分かり、もともとはTaka以外のメンバーと最初に友達になっていったという。Takaは佐藤と同じ学年、まだ高校2年生だった。そこからTakaとも出会い、今では親友と呼べる仲に。音楽シーンの最前線に飛び込んでいくワンオクが佐藤にとっては自慢の存在だった。佐藤が主演を務める映画『るろうに剣心』シリーズ計5作は全てワンオクが主題歌を務めている。「自分にとっての一番大切な作品の主題歌がONE OK ROCKに決まったときが嬉しかったんですよ」と佐藤も笑顔を見せた。

 プライベートに関する話題では、Takaが作る牡蠣カレーについて佐藤が「世の中にある食べ物の中で一番好きです」と絶賛する。それほどまでに仲睦まじい2人。佐藤にとっての人生でTakaは音楽と料理担当、Takaにとって佐藤は自信がなくて悩んでいた時代にも声をかけてくれたことからの監督担当。佐藤も「俺が向いてる天職はワンオクのライブ演出」と豪語していた。

 結婚観のトークでは、同世代で2人と仲のいい三浦翔平の結婚式で、Takaは「『次はどっちなんだろうな』みたいなことを考えるわけです。頭の中で。ふと健をみると健が泣いてるんですよ。それを見て僕が泣くっていうよく分かんない感じなんです。それが今度僕の横に目を合わせてくれる人もいなくなってしまうってちょっと頭の中で考えると寂しいなみたいな」というエピソードも飛び出した。そんなTakaに佐藤は「お前には無理だよ」と刷り込ませているという笑い話で番組は幕を閉じた。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト情報」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる