NiziU RIO&AYAKA、『NiziU Scout』で際立つユニークさ 計算せずとも面白い状況を作り出す“持っている”二人

 思えば極限の体育祭でのリンボーダンスでも、みんながクリアした120cmで失敗していたRIO。二度目の挑戦では決勝戦で敗退したが、地面に座り込んだ後もカメラに向かってアピールしていた姿が印象的だ。また、AYAKAも“少し変わったテニス講座”はもとより、体育祭のジェスチャーゲームで出された「アリクイ」というお題で独特な身体表現を見せていたことを思い出す。

 第一印象は洗練された雰囲気が人目を惹きつけ、大人っぽいお姉さんという感じだが、蓋を開けてみるとあれよあれよと言う間にイメージを覆すRIOとAYAKA。計算したわけでもないのに、バラエティやトーク番組で面白い状況を作り出す二人は“持っている”。今回の運動会ではRIKUというツッコミ役が偶然にもチームにいたことで、二人のユニークさが際立った。ぴよこチームはバッチ獲得に苦労しそうだが、しっかりと“笑い”を獲得したという意味では間違いなくMVPだろう。『NiziU Scout』はまだ始まったばかり。次回以降もぴよこチームの動きから目が離せない。

■苫とり子
フリーライター/1995年、岡山県出身。中学・高校と芸能事務所で演劇・歌のレッスンを受けていた。現在はエンタメ全般のコラムやイベントのレポートやインタビュー記事を執筆している。Twitter:@bonoborico

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる