NiziU RIKU、AYAKA、MAYUKA……努力を重ねデビューに繋げた“真ん中”メンバー それぞれの歩みから見える共通点

 12月2日にデビューシングル『Step and a step』のリリースを控える9人組のガールズグループ・NiziU。先日10月30日に出演した『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)でのパフォーマンスも大きな注目を集めた。デビューに先立ち、メンバー9人を改めて年齢順に紹介したい。前回はMAKO、RIO、MAYAの年長組3人を紹介したが、今回は続けてRIKU、AYAKA、MAYUKAについて取り上げる。

NiziU『Step and a step』
NiziU『Step and a step』

 まずは2002年生まれ、先日10月26日に18歳の誕生日を迎えたRIKUだ。他のメンバーから“リス”と呼ばれ、親しまれる彼女は大阪での地域予選からオーディションに参加。東京合宿では参加者26人中ダンスレベルテスト6位、ボーカルレベル4位、最終5位と順位はいずれも高かったが、地域予選の時にJ.Y. Parkが彼女にかけたのは「ダンスと歌の実力は全体的に見ると優れている方ではありません」という厳しい言葉だった。しかし、その際J.Y. Parkは付け加えてRIKUの“ナチュラルさ”を評価。RIKUは何といっても向日葵のように輝く笑顔が魅力的だが、J.Y. Parkはそれが作られたものではなく、とても自然に感じられたという。

 ただ、地域予選でも東京合宿でも同じく動作にグルーヴがないと指摘されてまったRIKU。その課題を背負って臨んだ韓国合宿では、最初の個人レベルテストでJ.Y. Parkの「Who’s your mama?」を披露した。この曲はJ.Y. Park自身が語っていたように、遊び人のような浮ついた雰囲気を表現することが一つの肝。一生懸命さが前面に出てしまうRIKUにとっては難しい課題だったが、見事に表情やグルーヴ感のあるダンスで表現し、J.Y. Parkが驚くほどの成長を見せた。その後のチームミッションでもRIKUはめきめきと力を発揮。しかし、J.Y. Parkが当初RIKUの魅力として挙げた“ナチュラルさ”は少しも失われていない。実力をつけてもなお、屈託なく笑うエネルギッシュさがファンの心を惹きつけているのだろう。

 2003年生まれ、現在17歳のAYAKAは地域予選で誰よりも周囲の目を奪う存在だった。透明感のある美しさを放ち、J.Y. Parkから「miss Aのスジに似ている」と称されたビジュアルが視聴者の心をすぐに掴みSNSで話題に。地域予選で「このままデビューしても歌手を長く続けられない」と厳しい評価を下したJ.Y. Parkも、そのスター性を買って合格と判断したほど。ただ元よりレベルの高い東京合宿参加者の中で、AYAKAは常に試練を受けることになる。印象的だったのは、韓国行きのメンバーに選ばれた際に「私はまだ実力が全然足りてないので、選んでくださったことに恥じないように頑張ろうと思います」と語りながら涙した彼女の姿。自分の実力不足を理解しながらも、一方でJ.Y. Parkからスター性を評価されているというプレッシャーをAYAKAは常に抱えていたように思う。それでも諦めることなく、AYAKAは韓国合宿で大きな成長を見せていった。個人レベルテストでもトレーナーからダンスが上手くなっていると驚かれたAYAKAだが、最もその成長を感じられたのはMIIHI・RIMAと組んで臨んだチームバトルだ。JYP練習生の二人と練習を重ねたことにより、「Very Very Very」(I.O.I)のパフォーマンスではJ.Y. Parkから高評価を受けた。チームメンバーはもちろん、AYAKAには「応援したい!」「推したい!」と思わせる愛らしさがある。まさにアイドルになるために生まれてきたような女の子だ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる