三代目 J SOUL BROTHERS ELLY、グルーブで伝える抜群のダンス ジャンルの垣根を越え活躍するムードメーカー

三代目 J SOUL BROTHERS ELLY、グルーブで伝える抜群のダンス ジャンルの垣根を越え活躍するムードメーカー

 三代目 J SOUL BROTHERSが大躍進した2014年は、ELLY個人にとっても飛躍の年だったと言えるだろう。「R.Y.U.S.E.I.」でブレイクしたことにより、同曲の振付を担当したELLYの天才的なダンスセンスや、特技である即興ダンスも度々フィーチャーされるようになった。そんなELLYの主なダンスジャンルは、R&Bとヒップホップ。アッシャーなどのR&Bアーティストを聴いて育ったこともあり、全身からフェロモンを振り撒くようなセクシーな表現を得意としている。自身のダンスについて「やっぱりグルーヴが重要なんですよね。すごく早く見えるとか、そういうところではなく、空気が伝わってくるようなダンスというのがあって。そういうダンスはすごく意識してますね」(※5)と語っており、三代目 J SOUL BROTHERS以外にも、多数のアーティストの楽曲の振付・構成に携わっている。

 また、2014年6月、EXILE SHOKICHIのシングル収録曲「THE ANTHEM」にラッパーとして参加したのを皮切りに、2017年からはCRAZYBOY名義でソロアーティストとしても活動を開始。2019年には、LDH music & publishingへの移籍を機にCrazyBoyに改名しており、それ以降の曲作りは「自分にとって最大の武器である“ダンス”を活かした音楽を作ること」に重きを置いているようだ(※6)。彼が作る楽曲の中には自身の恋愛観を投影したようなラブソングも多く、「ヒップホップのなかにもジャンルが色々あるとは思うんですけど、そのなかでもやっぱ女性の方たちがいいなって思ってもらえるような楽曲作りをする。これはいつも意識して作っています」(※7)と語っている。2020年には自身のソロアーティスト活動のきっかけを作ったEXILE SHOKICHIとCrazyBoyが、コラボエンタテインメントプロジェクト KING&KINGを始動。日本発世界初のプロダンスリーグ『D.LEAGUE』の公式アンバサダーとして、テーマソング「GET IT ON」を制作するなど、グループの垣根を越えて精力的に活動している。

EXILE SHOKICHI×CrazyBoy – GET IT ON – (Official Music Video) (from「KING&KING」)

 ELLYのキャラクターは“人懐っこいムードメーカー”。NAOTOが「感覚派、天才肌というイメージです。それゆえ失敗することもあるけれど、自分磨きを惜しまない人」(※8)と紹介するように、ステージ上の姿は天性のスターという印象が強いが、素顔は天真爛漫でフレンドリー。紳士的で情に厚いところも彼が多くの人に愛される理由で、自身の公式YouTubeでは、家族とのやりとりなどプライベートな一面も公開している。ちなみに、オンライン・バトルロイヤルゲーム『フォートナイト』のガチプレイヤーであるELLYは、YouTubeでもゲーム実況を配信しており、2019年には『激レアさんを連れてきた。』に「大好きなゲームを、ゲーマー達に正体を隠しながらコソコソやってたのに、上手すぎて世界大会に出たことでバレちゃった人」(※9)として出演。かなり多忙だったはずの2014年に『フォートナイト』にハマり、“リテイルローの村長”という名前でゲーマー活動に勤しんだ結果、世界大会に出場したことで素性がバレてしまった、という珍エピソードが話題を呼んだ。今市も「彼の行動は誰にも予測がつかない」(※10)と語っていたが、まさにELLYのパンチの効いたキャラクターを象徴するエピソードだろう。

 近年はアーティスト活動を重点的に行っているが、俳優活動も続けており、驚くほどマルチに活躍しているELLY。型破りな彼のアイデアが、三代目 J SOUL BROTHERSを刺激的な世界へ導いていく。

※1、3、4:https://hochi.news/articles/20180608-OHT1T50097.html
※2:https://times.abema.tv/news-article/7025930
※5:https://spice.eplus.jp/articles/283646
※6:https://realsound.jp/2019/08/post-404981.html
※7:https://www.elle.com/jp/culture/music-art-book/a29347506/crazyboy-elly-music-interview-191010/
※8、10:https://numero.jp/culture-20130218-jsoul/
※9:https://realsound.jp/tech/2019/09/post-422656.html

■斉藤碧
エンタメ系ライター。
ダンス&ヴォーカルグループ、アイドル、ロック、ヴィジュアル系、俳優などジャンルレスで執筆中。V系雑誌「Stuppy」では編集も担当。
Twitter(@stmdr38)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる