FIVE NEW OLD、日常と音楽を繋ぐ創作の原点 「好きな音楽を選んで自分のスタイルに仕上げてほしい」

FIVE NEW OLD、日常と音楽を繋ぐ創作の原点 「好きな音楽を選んで自分のスタイルに仕上げてほしい」

芸術音楽的な側面も知ってほしい

FIVE NEW OLD – Chemical Heart (feat.Masato from coldrain)【Official Lyric Video】

ーー「ヒップホップでパンクをリブート」みたいな文脈で言うと、coldrainのMasatoさんをフィーチャーした「Chemical Heart」がより明確ですよね。もうちょっとR&B寄りですが。

HIROSHI:「Chemical Heart」は最初もうちょっと(椎名)林檎さんっぽいイメージで、あえて木琴のチープな音でリードを弾いたりしてたんですけど、だんだん組み上げていく中で、90年代のR&Bとか、宇多田ヒカルさんのバイブスが出てきて、でももうちょっと今の感じにしたいと思ったときに、Rina Sawayamaのヘヴィなギターを入れる感じが日本人らしい感性だなと思って、その感じで作りました。そこにずっと一緒にやってきたMasatoくんに参加してもらうことで、自分たちが何者かを、ちょっと奇天烈な形で表現できたなって。

ーーちなみに、「Breathin’」のイントロのスライドギターとヒップホップ感から僕はベックの「LOSER」を連想したんですけど、意識はありましたか?

HIROSHI:あー、確かにそうですね! あのアコースティックギターはiPhoneで録ってて、それこそガレージで、みんなが普通にしゃべってる中で録ったのをサンプリングして、そのまま使ってるんです。最初は「この音でいいの?」って感じだったけど、この妙な音が逆にいいなと思って、そういうサンプリングの仕方もベックっぽいかもしれない。

ーーローファイ感も通じるものがありますね。

HIROSHI:次のインタビューからそれ言います(笑)。

ーーSHUNさんにとって、新たな挑戦だった曲を挙げてもらえますか?

SHUN:「Breathin’」はサビで生とシンベを重ねて、両方ステレオで鳴らしていて、その融合はすごく難しかったですね。あと「Light Of Hope」は頭おかしくなるくらいいろいろこねくり回しました(笑)。もともと1曲を2曲にセパレートして、部品を組み立て直して作っていったんですけど、いろいろやった分、演奏するのも楽しくて、ハッピーな空気がお客さんにも伝わると思います。HIROSHIくんにも「今まで出したことない声出して」と言って、ウワーって言ってもらったり、自分たちがやってこなかったことを突破しまくった曲なので、すごく楽しかったです。

ーーWATARUさんの新たな挑戦はいかがですか?

WATARU:今回インストが何曲かあって、僕とHIROSHIでミックス作業を分担してやっていて。僕は「My House」と「Nebula」のミックスをやったんですけど、マスタリング手前までハンドメイドでやるのはすごくいい経験になりました。

HIROSHI:僕は「Oblivion」と「Plane Garden」のミックスをしてて、聴き比べたらそれぞれのサウンドデザインの違いも分かるかもしれない。これはデスクトップで全部やり切ってるので、そういう今っぽいやり方と、みんなで作るっていう昔からのやり方と、両方入ってるアルバムとも言えますね。

ーーインタールードはアルバム全体のコンセプトに合わせたものなのでしょうか?

HIROSHI:服を選ぶにもポップなものからシックなものまでいろいろあるように、明るい曲だけじゃなくて、チルな曲とか、幻想的な曲も入れたくて、アンビエントミュージックとかも好きだから、そういうFIVE NEW OLDの芸術音楽的な側面も、このタイミングで知ってもらいたかったんです。今回タイアップの曲も多くて、今まで以上にお茶の間に広がるチャンスだからこそ、アルバムではちゃんと音楽的な奥行きも表現したいなって。最初に言ったポジティブなバイブスが強過ぎて、楽しい曲ばっかりになっちゃったので、バランスを取る部分もあったというか。それは嬉しい誤算ですけど。

見る角度で曲の聴こえ方も全然変わってくる

ーー沈み込む部分があることで、ポジティブな曲がより引き立ちますしね。

HIROSHI:去年は孤独とか繋がりについて考え直した一年でもあると思うので、孤独に寄り添う部分も必要で。やっぱり音楽にはムードブースター的なところがあるから、楽しいにも悲しいにも寄り添えるように、陰と陽はどちらも大事にしました。なので、一聴したらめちゃめちゃ楽しいアルバムになってると思うんですけど、深掘りすると楽しいだけじゃない部分にも向き合った作品になっていて、そういう意味でもホログラムだと思います。見る角度によって、曲の聴こえ方も全然変わってくると思うんですよね。

ーーHAYATOさんにとってはどの曲が特に新たなチャレンジでしたか?

HAYATO:僕はずっとバンドにはいいバラードが必要だと思ってたので、「Moment」はずっとやりたかった、念願の一曲で。ただ、やるからには中途半端なバラードじゃなくて、壮大なバラードにしたくて、BPMとかアプローチはいろいろ勉強しました。レコーディングのときHIROSHIに「ゴーストノートをもうちょっと強調して、もっと16分が感じられるビートが欲しい」と言われて、それも挑戦だったけど、すごくいい曲になったなって。

ーーもともとはどんなイメージの曲だったんですか?

HAYATO:……アルマゲドン超え?(笑)

HIROSHI:確かに、ちょっとハードロックっぽいところもあるけど、エンジニアさんにはColdplayの「Yellow」っぽいとも言われました。この曲だけデモを作らずに、みんなでスタジオに入って作ったんです。歌詞は最後まで悩んだんですけど、最終的には自分の家族が言ってくれたことを思い出して、それを次は自分が誰かに言う、そうやって繋がっていく瞬間を書いていて。歌詞に金のネックレスが出てくるのは、祖母が僕にくれたネックレスのことで、結構自分自身のことを書いた曲でもあります。1曲目の「My House」もそうで、喪失感というか、祖母に対する想いが入ってる曲で。30歳になって、バンドが10年目を迎えて、ちょうど祖母と一緒に過ごした時間と、亡くなってからの時間が一緒になったんですよ。それが自分の中で大きかったんですよね。

ーーHIROSHIさんのパーソナルも曲に込められているからこそ、より聴き手に訴えかける作品になっているんだと思います。最後に、FIVE NEW OLDはずっとライブを大切にしてきたバンドでもあると思うので、今のライブに対する想いを聞かせてもらえますか?

HIROSHI:支えてくれるファンの人たちに会えない期間でアルバムを作っていたので、ちょっとでもそばにいると感じてもらえるようなアルバムにしたかったし、その分今度こそ会いに行きたい想いはすごく強くなってます。去年は配信ライブをやって、人と音楽がもたらしてくれる絆は時間も距離も越えるということを再確認できたけど、その場で分かち合うことのかけがえのなさもすごく身に染みて感じたんですよね。10年間たくさんライブをやってきて、改めてそこに気付けたのはめちゃくちゃありがたいことだし、それでも4人でいられたから、大変ではあったけど満たされた一年になったので、今年はそのハッピーな気持ちをみんなに届けに行きたいですね。

■リリース情報
『MUSIC WARDROBE』
2021年4月7日
初回限定盤(CD+DVD)¥4,950(税込)
〈CD〉
1.My House
2.Summertime
3.Hallelujah
4.Breathinʼ
5.Sleep in Till The Afternoon
6.Donʼt Be Someone Else
7.Oblivion
8.How to Take My Heart Out
9.Nebula
10.Chemical Heart(feat.Masato from coldrain)
11.Knock Me Out
12.Plane Garden
13.Light Of Hope
14.Vent
15.Moment
16.Awakening

〈DVD〉
・CURRENT LOCATION CONCERT-“Billboard Live” Session 2021-&Interview of MUSIC WARDROBE
(Don’t Be Someone Else、Chemical Heart、My House、Light Of Hope、Sleep in Till The Afternoon、Vent、Hallelujah)

・CURRENT LOCATION CONCERT -Living Room Session-
(Vent)

・CURRENT LOCATION CONCERT -Tokyo Bayside Rooftop Session-
(Don’t Be Someone Else)

・CURRENT LOCATION CONCERT -TAKIBI Acoustic Sessions(ASMR)-
(Hallelujah、Sleep in Till The Afternoon、You)

通常盤(CD only)¥3,300(税込)
1.My House
2.Summertime
3.Hallelujah
4.Breathinʼ
5.Sleep in Till The Afternoon
6.Donʼt Be Someone Else
7.Oblivion
8.How to Take My Heart Out
9.Nebula
10.Chemical Heart(feat.Masato from coldrain)
11.Knock Me Out
12.Plane Garden
13.Light Of Hope
14.Vent
15.Moment
16.Awakening

■ツアー情報
『FIVE NEW OLD “ MUSIC WARDROBE” Tour』
2021年04月9日(金) 東京 EX THEATER ROPPONGI
2021年04月11日(日) 高松 DIME
2021年04月16日(金) 名古屋 BOTTOM LINE
2021年04月17日(土) 金沢 vanvan V4
2021年04月22日(木) 大阪 Zepp Namba
2021年04月24日(土) 熊本 B.9 V1
2021年04月25日(日) 福岡 BEAT STATION
2021年05月04日(火/祝) 仙台 トークネットホール仙台 小ホール(仙台市民会館)
2021年05月09日(日) 岡山 YEBISU YA PRO
2021年05月13日(木) 札幌 PENNY LANE 24
2021年05月16日(日) 新潟 studio NEXS

チケット一般発売:3月20日(土)10:00〜

オフィシャルサイト

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる