ハロプロ恒例イベント『ひなフェス』今年も開催! モーニング娘。’21らステージに感じた凄み

 ハロー!プロジェクト、春恒例のライブイベント『Hello! Project ひなフェス 2021』(以下、ひなフェス)が、3月27日、28日に千葉・幕張メッセ 国際展示場1・2ホールにて開催された。ここでは、28日のモーニング娘。’21をフィーチャーしたプレミアム公演の模様をレポートする。

 今回の『ひなフェス』は、新型コロナウイルス感染症拡大防止策を徹底し、2年ぶりの有観客で開催。観客は着席で、ハンドクラップやペンライトを振って応援する形で行われた。

 『ひなフェス』は、ハロー!プロジェクトの全グループが出演する年に1度のお祭り。ライブを待ちわびる観客の前にモーニング娘。’21が登場し、「ギューされたいだけなのに」からライブはスタート。広い幕張メッセの中央に設置されたセンターステージで、メンバーは360度全方向の観客に向かってパフォーマンスを届ける。今回、佐藤優樹と岡村ほまれが病欠で12人での参加となったが、歌とダンスのパワフルさはとにかく強力だ。

 MCで、石田亜佑美は「360度にお客さんがいるじゃないですか。会場のどこも置いてかないように私たちが盛り上げていくので、最後までついてきてください!」、リーダーの譜久村聖は「私たち、気持ちは14人で全力でパフォーマンスしていきます!」とライブへの意気込みを口にする。

 続けて彼女たちは、3月31日発売のニューアルバム『16th~That’s J-POP~』から新曲「恋愛Destiny~本音を論じたい~」を披露。キャッチーなアップチューンを、センターステージから縦横に伸びる長い花道に広がって歌唱し観客のテンションを上げていった。

 ハロー!プロジェクトでのデビューを目指し奮闘中のハロプロ研修生は、フレッシュなパフォーマンスで観客を楽しませる。そして、年内に新グループ結成が発表された、現在ハロプロ研修生ユニット名義で活動する米村姫良々、石栗奏美、窪田七海、斉藤円香の4人は、こぶしファクトリーの「Oh No 懊悩」を歌唱し元気さを爆発させる。

ハロプロ研修生

 BEYOOOOONDSは3月3日にリリースしたニューシングルから、タンゴをダンスチューン化した「激辛LOVE」、自分たちの本音をコミカルにポップに歌う「こんなハズジャナカッター!」などを披露し、会場を明るいBEYOOOOONDSカラーに染め上げる。

BEYOOOOONDS

 つばきファクトリーは、哀愁感たっぷりのダンスチューン「三回目のデート神話」、爽快なファンクチューン「笑って」、清々しいポップナンバー「My Darling ~Do you love me?~」を歌唱。白い衣装でのパフォーマンスが、広いステージでとても美しく映えた。

 シャッフルコーナーでは、モーニング娘。’21の小田さくらとアンジュルムの為永幸音が松浦亜弥の「The 美学」、モーニング娘。’21の羽賀朱音、BEYOOOOONDSの一岡伶奈と島倉りかがモーニング娘。さくら組の「晴れ 雨 のち スキ ♡」を歌う。モーニング娘。’21の譜久村聖は、ソロでモーニング娘。の「春 ビューティフル エブリディ」を歌唱する。

つばきファクトリー

 Juice=Juiceは、4月28日発売のニューシングルからシュガー・ベイブのカバー曲「DOWN TOWN」を披露する。山下達郎の手掛けたシティポップクラシックが、キラキラした光を放ち幕張メッセに響き渡る。歌唱力の高いJuice=Juiceだけに、楽曲とのマッチングは絶妙。間奏では、井上玲音がボイスパーカッションを入れるなど、自分たちの色をしっかり織り交ぜて観客に届けた。

Juice=Juice

 川名凜、為永幸音、最年少13歳の松本わかなという新メンバー3人が加入したアンジュルムは、「限りあるMoment」で力強い歌とダンスを見せ、「ミラー・ミラー」「臥薪嘗胆」とファンキーなナンバーで観客をヒートアップさせていった。

アンジュルム

 次々とグループのステージが行われ、テンションが途切れることなく盛り上がり続ける『ひなフェス』。ライブ後半戦のモーニング娘。のカバーコーナーでは、Juice=Juiceとつばきファクトリーが一体となり「AS FOR ONE DAY」、アンジュルムとBEYOOOOONDSが合体し「Are you Happy?」を披露。まさに幕張メッセという大きな会場だからこそできる大人数でのパフォーマンスは、ど迫力という言葉がピタリと当てはまるものがあった。