美 少年 浮所飛貴、平野紫耀に続き“胸キュン”俳優の仲間入り 映画単独主演を掴めた理由

 美 少年・浮所飛貴が主演を務める映画『胸が鳴るのは君のせい』が、6月4日から全国公開される。3月19日には主題歌に美 少年の「虹の中で」が決定したことも発表され、さらに注目度が高まっている。

美 少年
美 少年

 『胸が鳴るのは君のせい』は、大ヒット少女漫画原作の実写映画。親友のように仲が良い有馬隼人(浮所)と、隼人に片思いする篠原つかさ(白石聖)の関係性が徐々に変わっていく様子を胸キュンたっぷりに描いていく、青春ラブストーリーだ。浮所の演技が好評の『痛快TVスカッとジャパン』(フジテレビ系)内コーナー「胸キュンスカッと」に通じるものもあり、初主演にして華々しい成果を残してくれるのではないかと期待が募る。

 そもそも、こういった少女漫画原作のラブストーリーのヒーロー役を演じられるのは、ジャニーズメンバーの特権のようなもの。ファンをキュンキュンさせるアイドルだからこそ出せるときめきを、作品にプラスすることができるからだ。振り返ってみても、嵐・松本潤の『花より男子』シリーズをはじめ、ジャニーズWEST・小瀧望の『プリンシパル〜恋する私はヒロインですか?〜』、最近ではSixTONES・松村北斗の『ライアー×ライアー』や7月公開のSnow Man・ラウールの『ハニーレモンソーダ』など、多くの先輩ジャニーズたちが演じてきている。中でもKing & Prince・平野紫耀は『花のち晴れ〜花男 Next Season〜』、『honey ハニー』、『ういらぶ。』に出演しており、もはや十八番。一部では平野に似ている部分があると言われる浮所も、このメンバーに仲間入りすることになる。

 そこで気になるのが浮所のどんな部分が評価され、『胸が鳴るのは君のせい』の主演に抜擢されたかだ。もちろん、様々な要因があるのは間違いないのだが、その一つは彼の持つアイドル性だろう。浮所はいつもご機嫌な笑顔を見せる元気なやんちゃキャラ。ジャニーズJr.チャンネルにアップされているどの動画をチェックしても、浮所の元気な姿を見ることができる。例えば、直近で公開された「【ダンスしりとり】ジャニーズ振付け限定は…Amazing!!!!!!」でも、楽しそうにゲームにチャレンジしている姿が。それはYouTube動画だけに留まらず、2020年6月30日放送の『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)でもエンジン全開の様子を見せた。こうした楽しそうな姿を見られることも、アイドルを応援する理由のひとつ。浮所はその楽しみを多く与えてくれる存在である。だが、パフォーマンス中は真剣な表情やキラースマイルを繰り出すことも多い。例えば、「Beautiful Love」ではキリッとした表情と口元だけに浮かべた落ち着いた笑顔を見せてくれている。このギャップも、アイドルとして完璧と言えるだろう。

美 少年【ダンスしりとり】ジャニーズ振付け限定は…Amazing!!!!!!

 さらに、恥ずかしがってしまうようなセリフもお手の物。YouTube動画「【クリスマスの約束】デートのあとはサプライズ!」では理想のクリスマスデートを発表した後、カメラに向かって告白したのだが、照れて笑ったり、茶化したりすることなく、「緊張して考えてたこと一瞬にして飛び去った」と言うに留め、最後までしっかりやりきっている。キュンキュンしたシーンが多く詰まっている、少女漫画キャラを演じる上で欠かせない要素だ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる