BEYOOOOONDS 清野桃々姫プレイリスト連載「ひめぷれ」第3回

BEYOOOOONDS 清野桃々姫プレイリスト連載「ひめぷれ」 3月は「新たな旅立ちに背中を押してくれる応援歌」

 BEYOOOOONDS 清野桃々姫によるプレイリスト連載「ひめぷれ」。ブログで毎回目覚まし音として洋邦問わず様々な楽曲を紹介するなど、グループ内でも音楽好きとして知られる清野。同連載では、そんな清野に毎月あるテーマに沿ったプレイリストを紹介してもらう。3月は卒業シーズンにちなみ「新たな旅立ちに背中を押してくれる応援歌」をテーマに7曲をセレクトしてもらった。様々な境遇を考えながら作ったという清野。今回もジャンルを横断した彼女らしいプレイリストとなった。(編集部)

3月は「新たな旅立ちに背中を押してくれる応援歌」をセレクト!

・irienchy「スーパーヒーロー」
・Creepy Nuts「かつて天才だった俺たちへ」
・BUMP OF CHICKEN「才悩人応援歌」
・東京女子流「頑張って いつだって 信じてる」
・ONE OK ROCK「努努 -ゆめゆめ-」
・OKAMOTO’S「JOY JOY JOY」
・東京事変「閃光少女」
・King Gnu「飛行艇」
・ゆきちゃん、ワンワン、うーたん「がんばれ がんば!」

Creepy Nutsの曲は「俺らなら大丈夫」みたいな姿勢がいい

――今回のテーマを選んでみていかがでしたか。

清野:「今までそんなに意識してきていなかったけどこれよく聞いたら応援ソングだな」みたいなものもあって、選んでて楽しかったです!

――選曲するにあたって何か基準はありましたか?

清野:歌詞を重視しました。孤独を感じているときに聴いたら元気になるかな、という曲を選びました。就職、就活、進級とか様々な境遇の方がいると思うので。

――今回選んでいただいた楽曲は、メッセージ性も音楽性も幅広くて様々な視点から選んでる感じがします。まず1曲目はirienchyの「スーパーヒーロー」です。

清野:irienchyさんは、このプレイリストを作ろうとした時にぱっと思い出したんです。今年タワーレコードさんに行ったときに、たまたまこのバンドの楽曲を聴いて。それがずっと頭に残ってたんです。「フレッシュ!」って思ったんですよ。ボーカルの方の声も特徴的ですし、歌詞もストレートで、曲調も明るいですし、1曲目にいいかなと思って選びました。真っ直ぐだなって思いました。

irienchy – スーパーヒーロー

――そんな真っ直ぐな楽曲から、続く2曲目は「かつて天才だった俺たちへ」、3曲目は「才悩人応援歌」と方向性が異なりますよね。現実的な視点も入れていて、聴き手の人生に寄り添うような共感性の高い楽曲です。

清野:「かつて天才だった俺たちへ」からは「本当はみんな、何にだってなれる可能性がある」「小さい頃に感じた気持ちを忘れないでいてほしい」というメッセージを感じました。Creepy Nutsさんの曲は元々好きで、「俺らなら大丈夫」みたいな聴いてる人と一緒になって頑張ろうとする姿勢がいいなと思います。

――確かにそうですね。清野さんはHIPHOPもよく聴かれていますが、そのなかでもCreepy Nutsさんが特にお好きだと伺いました。

清野:自分の想いをそのままストレートに書いてるところが好きです。R-指定さんは声が曲によって変わるところもすごいなと思います。ラップって、歌よりも言葉が強く感じるので、このストレートな歌詞がより響いてくるんです。

Creepy Nuts / かつて天才だった俺たちへ【MV】

――次の「才悩人応援歌」はいかがですか?

清野:この曲は、一人ひとりに届く歌だと思います。特技があっても、周りを見たら自分よりも上手い人はいたりして、突然自信がなくなることってあるじゃないですか。でも、「悩むことはないよ」って言われている気がするというか。

ーーそうですね。「かつて天才だった俺たちへ」と「才悩人応援歌」は、どちらも自分の才能の無さに気づいて葛藤する様子が描かれていて重なるところを感じます。

清野:私は「がんばれ」って応援する曲も好きなんですけど、なかには「そう言われても……」って思う方もいると思います。なので、ストレートな応援ソングだけじゃなくて、「あなただけじゃないよ」というメッセージが間接的に伝わるような曲も選びました。

――4曲目は東京女子流「頑張って いつだって 信じてる」です。東京女子流といえば、清野さんがアイドルを目指すきっかけになったグループですよね。

清野:女子流さんは本当に大好きで、ライブも何度も行かせていただいています。ダンスと歌の両立がすごいですし、ファンの方との一体感もすごく好きなんですよ。かなり影響を受けてます。この曲はストレートな応援ソングなんですけど、女子流さんの歌を通すと聴いてて本当に元気になれるんですよね。特にMVやライブで見ることをお勧めしたいです! 間奏にある「がんばってね」ってセリフが大好きすぎて、ずっと真似してます(笑)。

東京女子流 / 頑張って いつだって 信じてる

――東京女子流が歌うからこそ意味がある楽曲なんですね。

清野:みなさん笑顔がキラキラしていて眩しくて。勇気をもらえる曲です。

――落ち込んだりした時にこの曲を聞いたりすることは多いですか。

清野:そうですね。落ち込んだ時もそうですし、気合を入れたい時にも聴きます。メンバーともたまに歌ったりもしますよ!

――5曲目はONE OK ROCKの「努努-ゆめゆめ-」です。

清野:ONE OK ROCKさんは、去年YouTubeで公開されたライブ映像を見てちゃんと楽曲を聴くようになりました。ライブのエネルギーがとにかくすごくて驚きました。Takaさんの歌声だけじゃなくて、音全体から力が感じられるというか。そこから気になっていろんな楽曲を聴いてたんですけど、なかでも衝撃を受けた曲が「努努」だったんですよ。

――ONE OK ROCKのライブを見て好きになる方が多いですよね。「努努」のどういったところに衝撃を受けましたか?

清野:歌詞がすごいなと思って。テロップみたいに流れるわけでないのに、どんどん頭に残っていく。特にサビ冒頭の〈夢を見るもんじゃなく、叶えるものでしょ?〉ってこんなフレーズが歌えるのって本当にすごいと思います。

――キラーフレーズですよね。1回聴いたら頭から離れないです。

清野:もうずっと歌っていましたね(笑)。〈しっかり夢(ビジョン)を叩き出せ〉ってフレーズもあるんですけど、そこを聴くたびに「はい、叩き出します!」って気持ちになります(笑)。

――続いては、OKAMOTO’S「JOY JOY JOY」。こちらは聴き手とアーティストが一緒に楽しめるような楽曲です。先ほどお話にもあった“一緒に”感がありますね。

清野:やっぱり“一緒に!”という感じがすごく好きなんですよね。OKAMOTO’Sさんの楽曲は“仲間”というイメージが強くて。かしこまらずに、「頑張れそうじゃん?」って、ラフな感じで言ってくれていて好きです。

OKAMOTO’S 「JOY JOY JOY」MUSIC VIDEO(YouTube ver.)