門脇更紗、シンガーソングライターとしての揺るぎない思い メジャーデビューまでとこれからを語る

門脇更紗、シンガーソングライターとしての揺るぎない思い メジャーデビューまでとこれからを語る

 兵庫県出身のシンガーソングライター、門脇更紗が令和3年3月3日に3分33秒のギターロック「トリハダ」をデジタルシングルとしてビクターレコーズからリリースする。

 10歳の時にギターを手にし、14歳から作詞作曲を開始。神戸や大阪など関西を中心にした精力的なライブ活動を経て、2019年10月に二十歳を機に上京。2020年3月には地元の川西と東京への思いを込めたバラード「東京は」を配信リリースし、11月からは配信3部作を発表。そして、2021年2月7日に無観客という形で開催された配信ワンマンライブでメジャーデビューを発表した。私の生き方や信念を込めた“私小説”ではなく、聴き手が自分の思い出や経験を重ねる余地を残した“物語”を歌う彼女の“これまで”と“これから”を聞いた。(永堀アツオ)

誰の真似もしたくないし、真似もされたくない

ーーまず、メジャーデビュー間近となった現在の心境から聞かせてください。

門脇更紗(以下、門脇):14歳くらいの頃から夢見ていたことなので、ああ、やっとか〜という気持ちがありますね。ただ、今はこういう世の中になってしまったので、難しい状況の中でメジャーデビューできるっていうことはすごく嬉しいです。

ーー2月7日に開催された無観客配信ライブで発表しました。

門脇:夢が叶った瞬間でした。10代の頃、自分のライブで「メジャーデビューします!」って発表する自分を想像してから寝ていた時期があって(笑)。配信ライブの前日、寝る前にシミュレーションした時に、「あ、現実になったな」って思って、なんというか、感慨深かったですね。でも、ここがゴールではなく、新たなスタート地点なので、ここから頑張らないとっていう気持ちもあります。

ーー改めて、メジャーデビューまでの道のりを振り返っていただけますか。

門脇:もともとは3歳の時からピアノとクラシックバレエをやっていて。ピアノは続けていたんですけど、10歳の時にクラシックバレエをやめたんですね。8年間やっていたものが1つなくなって、他になんかしたいなって思った時に、YUIさんと出会って、すごく好きになって。母に「YUIちゃんが好きならギターをやってみたらいいんじゃない?」って言われたひと言がきっかけでギターを始めて。最初は両親に買ってもらったアコギのキッズギターから始めたんですけど、すごく手が痛くて。父が高校の時にバンドをやっていたので家にエレキギターがあって。エレキの方が弾きやすかったので、最初はずっと父のエレキで練習してました。

ーー音楽一家だったんですか?

門脇:いや、特に音楽関係の仕事をしていたわけではなく、ただ音楽を聴くのが好きな家庭っていう感じですかね。YUIさんは家族全員、大好きでしたし、車の中では大塚愛さんもよく流れてましたね。私は個人的にディズニーチャンネルの『ハイスクールミュージカル』から入って、洋楽も聴くようになって。中学のときにテイラー・スウィフトさんに出会って、もう1回、洋楽に目覚めるっていう感じでした。

ーー10歳、小学4年生でギターを始めたときはもうプロになろうと思ってましたか。

門脇:YUIさんへの憧れが強すぎて、YUIさんのようなギターを弾いて歌うシンガーソングライターになりたいって思ったのが最初ですね。その後、12歳の時にボイトレを始めるためにピアノをやめたんです。小学校の卒業アルバムにはもう「シンガーソングライターになりたいです!」と書いてて、ギターを持って写真も撮ってて。それが、ちょうど10年前。最初は声が似てるって言われたりした時は嬉しかったんですけど、徐々にそれは私の個性じゃないなって気づいて。割と離れてみたこともあったんですけど、シンガーソングライターになりたいなって思ったきっかけは、やっぱりYUIさんですね。そこから、だんだんと趣味じゃなく、お仕事にしたいなって思うようになって、14歳の時にオーディションを受けて。

ーー中学2年生だから夢もきっとまだ漠然としてますよね。

門脇:憧れのYUIさんがいる事務所に入って、自分の音楽で大きくなれたらいいなっていう夢はありましたね。そのオーディションは何段階かあったんですけど、最終オーディション前の一般投票で負けてしまって。悲しいし、悔しいし。でも、そのことがきっかけで曲を作ろうって思ったし、「東京にレッスンを受けに来ませんか」って声をかけてもらって。オーディションに落ちたことに対してはすごく悔しかったけど、落ちたからこそある未来も良かったなって、今は思います。

ーーその時に作ったのが先日のライブでも歌った「to look up」ですよね。先日のライブでも歌ってました。

門脇:節目になるライブでは歌ってたんですけど、歌詞はわざと変えていなくて。歌っていると当時の気持ちをすっと思い出すし、ずっと14歳のままでいたい曲かなと思ってて。

ーー未来はまだ白紙のままだけど、上を向いて進んでいくんだって歌ってますよね。

門脇:うんうん。本当は10代の時にデビューしたいなって思うこともあったけど、この数年間は、全然無駄じゃなかったというか。あるべき数年間だったなって思ったりましたね。

ーー今、振り返って、10代はどんな日々でした?

門脇:ずっとライブをしてましたね。こないだ、高校の時のカレンダーを見返したら、3日に1回はライブをしてて。この1年間はライブがほとんどできなかったので、余計にびっくりして。学校にいきながらこんなにもライブをやっていたのかと思って。とにかくライブ尽くしだったと思います。

ーーこのままデビューできないかもしれないって不安になったり、挫折を感じたりはしなかった?

門脇:ないですね。私、楽観的で頑固なんですよ(笑)。あんまり人の意見を聞かないから怒られることもあるんですけど、言い方は悪いけど、好き勝手にやってきたし、シンガーソングライターになるっていうこと以外、他に何も考えたことがなくて。

ーーそこが揺るがなかった理由ってなんでしょう。

門脇:周りが誰も否定しなかったっていうのもあるかもしれない。家族は絶対に否定しなかったし、周りの友達や学校の先生も応援してくれた。それに、昔から他の人とちょっと違うことをしたと思ってたんですよね。周りとかけ離れたことをしたいし、誰の真似もしたくないし、真似もされたくないと思ってました。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる