スカイピース、EXITや『りぼん』コラボで歌う“青春と恋愛” 初のソロナンバーに込めた思いも

スカイピース、EXITや『りぼん』コラボで歌う“青春と恋愛” 初のソロナンバーに込めた思いも

 スカイピースが、2ndミニアルバム『ピースピース』を3月3日にリリース。同作は、YouTubeチャンネル登録者数310万人超の人気YouTuberユニットとして、また、アーティストとして活動する日々の中で、今もっともやりたい音楽がおもちゃ箱のように詰まった1作になったという。

 「青春学園恋愛ソング feat.EXIT」や漫画雑誌『りぼん』とコラボした「Shall We Dance!!!」など、チャレンジ曲も満載の『ピースピース』について、また、3月27日に開催される有料生配信ライブ『スカイピース 最高最強卒業ライブ!SP for ワンコイン』に向けて、前のめりに話をしてくれた。(古城久美子)

「愛w君」のテーマは自分の中にある絆

ーー先日『ヒャダ×体育のワンルーム☆ミュージック』(NHK Eテレ)に出演していたのを拝見しましたが、スカイピースが自ら楽曲制作をしているお話や映像編集の実演があったりしておもしろかったです。

☆イニ☆(じん):ヒャダインさんと(岡崎)体育さんという、もう自分の推しと推しなんで、すごくうれしかったです。ヒャダインさんの即興で曲を作るスピード感とか、体育さんのいろいろな発想を間近で見られて、めちゃめちゃ勉強になりましたね。

ーーヒャダインさんと岡崎体育さんのおふたりも、YouTuberとしてのキャリアからはじまったスカイピースが曲を作る、その姿勢に感心されていて。

☆イニ☆:なんとおっしゃっていましたかね?

ーースカイピースは「聖なるものから音楽を発している」というような。

テオくん & ☆イニ☆:あはは!

ーーファンに対して、YouTubeで自分たちの物語を伝えているように、ピュアに音楽を作っているというような内容で。

☆イニ☆:たしかに、僕らトラックメーカーさんからトラックはいただくんですけど、そこから曲と歌詞は自分たちで書いていて、歌詞も実体験をもとに作っていたりするので、嘘は言ってないです!

ーーそうですね(笑)。では、今回の2枚目のミニアルバム『ピースピース』は、どんなところから曲作りがスタートしたんですか。

テオくん:去年の夏、「愛w君(アイダブリュー)」という曲を作りはじめて。そこから「りぼん」さんとのタイアップがあったり、EXITさんとのコラボの話があったりして。今回、コラボレーションが多くなったんですが、1曲1曲作っていく中で、まとまってきたので、6曲のセカンドミニアルバムとして出しましょうという流れでした。

ーー「愛w君」は『NHK みんなのうた』で流れていた曲でしたね。

テオくん:そうですね。最初に、絆というテーマを掲げて、自分の中での絆ってなんだろうと考えていたんですけど、学生のころのことが浮かんで。高校生のころの絆を思い出して書きました。

ーーどんなことを思い出したんですか?

テオくん:高校に入学するときって、普通「はじめまして、何々中学出身の何々です」みたいな挨拶から仲良くなるじゃないですか。僕の場合、胸ぐらをつかまれるっていうはじまり方をした友だちがいて。

☆イニ☆:ヤンキーやん(笑)。

テオくん:名前を書けば入れる高校だったから。僕はヤンキーマインドはなかったんですけど、派閥みたいなものがあってグループも分かれていて。でも、卒業するときには、みんな仲良くなってひとつになってた。それが自分の中では大きな思い出になっているんです。終わりがよければいいんだなっていう。

ーーインパクトのある出会いからの……。

テオくん:そうですね。中学校のころは喧嘩とか全然してこなかったんで、めっちゃびっくりしましたね。でも、そのうちクラスが一緒になったりして、腕相撲とかして仲よくなりましたね。

ーー腕相撲(笑)。そういういい経験は10代の子たちにも伝えたくなりますね。

テオくん:そうですね。はじまりからちゃんとしなきゃって気にすると、どうしても一歩踏み出せなかったりすると思うんです。それは10代だけじゃなくて、社会人になっても同じことで。自分から積極的に取り組むことができない人って、多分はじまりを気にしているからなんですよね。AからじゃなくてBからはじまっても大丈夫。順番はあまり関係なくて、最後に笑いがあればいいって、背中を押せたらなと。

逆境に飛び込んでいかないと何もはじまらない

【MV】Shall We Dance!!!/スカイピース

ーー「Shall We Dance!!!」はキラキラした4つ打ちのナンバーです。

☆イニ☆:こういう恋愛漫画みたいな曲も書いてみたいと思っていたんですけど、『りぼん』さんからお話いただいて、何か曲を作ろうってなったんです。せっかく日本を代表する漫画雑誌とのコラボなので、めっちゃ青春で恋愛してる曲にしたいなと思って。コラボといっても、曲は自由に書かせてもらったんで、ストーリーとしては好きな子をダンスに誘いたいんだけれど誘えない……というシナリオを考えて。

ーー妄想の世界ではかっこいいのにっていう。

テオくん:誰しも頭の中でシミュレーションして行動すると思うんですけど、頭の中ではうまくいくのに、いざ現実を前にすると、緊張して恥ずかしくて、いろんな雑念が出てくる。結局、想像していたかっこいい自分とは違うっていう。

ーーそれでも、〈逆境に飛び込もう〉というテーマもありますね。

テオくん:告白に至らなくても、相手を誘うとか好きな人に声をかけるっていう行為も、全てにおいて逆境だなあと思っていて。映画とかダンスとか誘ってみようとするんですけど、全然うまくいかない。そうすると、だんだん自分に自信がなくなってマイナス思考になりますよね。それでも逆境に飛び込んでいかないと何もはじまらないという思いがあって。

ーーどこか懐かしさも感じるサウンドで。2020年は海外の音楽シーンも懐かしめの音をアップデートしたアレンジが流行っていたので、スカイピースこうきましたかと。

☆イニ☆:わあ、意識したのでうれしいです!

テオくん:意識してないだろ(笑)。初めて聞いたわ!

イニ☆:意識してなかったです(笑)。

ーー(笑)。EXITさんが参加した「青春学園恋愛ソング feat.EXIT」も青春や恋愛がテーマにありますね。EXITさんとは、昨年「ぴえんは似合わないぜ feat. スカイピース」でコラボした流れですか?

☆イニ☆:そうですね、EXITさんとの第2弾です。「ぴえんは似合わないぜ」はEXITさんからお誘いいただいて、EXITさんの曲に参加した感じだったので、今度は自分たちの曲にお誘いして、一緒にやれたらおもしろいなと。でも、もうコラボできないかと思うほど、EXITさんが超忙しそうで。レコーディングもMVの撮影も合間を縫って参加してくださいました。

テオくん:ギリギリでした。

☆イニ☆:ですので、これが『ピースピース』の中で最後にできた曲です。

ーー「ぴえんは似合わないぜ」とはまたちょっとテーマも違いますね。

☆イニ☆:「ぴえんは似合わないぜ」へのちょっとしたオマージュはあって、同じパートで合いの手を入れていたりするんですけど、EXITさんと今回は恋愛ソングでいきたいなみたいな話になって。

ーーインスタやTikTokなど、今っぽいワードが出てきます。

☆イニ☆:散りばめましたね。令和の恋愛というか、今風な恋愛ソングを意識して。昔はラブレターだったものが、今じゃLINEとか、Instagramのストーリー機能を使った恋愛だったりするので。

テオくん:今は、YouTube、TikTok、Instagramとかコラボしてつながって仲良くなって、付き合うとか多そうじゃない?

☆イニ☆:たしかに。だから、実際会ったことないんだけど、そういう画面上のコラボで知り合って仲良くなってというのが、昔と比べてめっちゃ多くなっているんですよね。自分たちの時代は、インターネットの使い方にはマジで気をつけろって教育されて、リスクや怖い部分をちゃんと知っていなきゃいけないって言われていたんですけど、そこからもっとインターネットが普及して、良くも悪くも新しい活動の場も増えて、新たな出会い方が増えていると思うんです。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「インタビュー」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる