『ARASHI’s Diary -Voyage-』最終話に映し出された、嵐5人の笑顔と溢れる想い

嵐

 Netflixオリジナルドキュメンタリーシリーズ『ARASHI’s Diary -Voyage-』のフィナーレとなる第24話「We are ARASHI」が、2月28日午後5時より全世界配信された。配信に先立ち、昨年12月31日に行われた『This is 嵐 LIVE 2020.12.31』のライブ会場である東京ドームのスタンド席からステージセットをバックに撮影された5人の写真、さらに写真と同時に解禁された予告編では、ライブ直前の5人の姿が映し出されていた。2019年12月31日の第1話から嵐の活動の裏側に密着し、リアルな姿を毎月配信し続けた同コンテンツを振り返りつつ、最終話についても考察していきたいと思う。

 第1話が配信された日のことを今でもはっきりと覚えている。予告映像がセンセーショナルだったため、配信日まで見たい気持ち/見るのが怖い気持ち、その両方のせめぎ合いに悩まされたものだ。しかし第1話から毎月配信されたどのエピソードにも、彼らの溢れる想いや飾らない言葉が収められており、それらに笑い、時には涙し、嵐のファンである喜びを嚙みしめてきた。活動休止まで嵐からは様々な試みが提案されたが、その舞台裏に触れることで彼らの想いをより感じとることができ、まるで幸せな答え合わせをしているような気持ちになった人も多いのではないだろうか。

『ARASHI’s Diary -Voyage-』 第24話 予告編 – Netflix

絆を感じる“あの人のTシャツ”

 最終話は、嵐の5人が万感の思いで挑んだ無観客生配信ライブ『This is 嵐 LIVE 2020.12.31』までの約半月の期間、2020年12月15日から31日までの多忙を極めた彼らに密着。また、ライブを終え、会場を後にする5人の姿が映し出されている。

 活動休止発表前からおよそ3年をかけ、5人でしかできないことにこだわり準備してきた嵐。ライブを直前に控え、年末の、かつ活動休止前の想像を絶するスケジュールの中にあっても懸命にリハーサルに取り組む姿があった。嵐のライブ演出を一手に担う松本潤は、一切の妥協を許さず、ファンのために完璧を追求するあまりスタッフとの打ち合わせで熱くなる場面も。そしてこれから最終話を観るという方にはぜひリハーサル中の松本、櫻井翔が着用しているTシャツにも注目してもらいたい。きっと“翔潤”、“山”、“じいまご”といった愛称で親しまれてきたコンビの尊さも実感できるはずだ。

ライブ直前、嵐5人は笑顔だった

 そしてカメラは2020年12月31日に向き合う5人を捉える。会場に向かう5人それぞれの移動車内の横顔や言葉。刻々と刻まれる時間。楽屋ではライブ開始までの時間を粛々とルーティンで過ごす5人の姿があった。特別な言葉を交わすわけでもないのに、画面を通して温かい空気感が伝わってくるのがやはり嵐らしい。

 最も印象的だったのは、予告編でも確認することができた衣装に身を包んだ嵐がステージに向かう開演直前の場面だ。リハーサルで見せた厳しい表情から一転、笑顔で歩く5人の姿を映し出すシーンは終始無音。どんなBGMより嵐5人を感じることができた場面であったように思う。

『ARASHI’s Diary -Voyage-』 特別映像2 – Netflix

 ライブの終盤、5人はいつものライブと同じようにつないだ手を高々と掲げた。常に冷静であった櫻井翔の目に一筋の涙が光る。清々しい笑顔で会場を感慨深く見つめる大野智。潤んだ瞳で“ありがとう”と呟いた二宮和也。溢れ出す涙をこらえていた相葉雅紀。そして万感の思いに浸るように真っ赤な目をしていた松本の表情も印象的だった。

 ライブを終え、ステージから降りてきた5人のお互いをたたえあう姿はファンが最も見たかった場面に違いない。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる