『坂道テレビ』第3弾放送直前におさらい 乃木坂46、櫻坂46、日向坂46……3グループの現在地

乃木坂46『僕は僕を好きになる』(通常盤)

 乃木坂46、櫻坂46、日向坂46が出演する『坂道テレビ~乃木と櫻と日向~Vol.3』(NHK総合)が、2月27日16時30分から放送される。

 2019年、2020年に続いて3回目の放送を迎える「坂道テレビ」。今回はコロナ禍に見舞われた激動の1年を、密着映像やメンバーのトークを通じて振り返るという。オンエアを前に2020年以降の坂道グループの出来事を振り返ると共に各グループの在り方を考察したい。

先輩たちが築いたものを「継承」していく乃木坂46

 乃木坂46の2020年以降の大きなトピックとしてはまず白石麻衣の卒業が挙げられるだろう。昨年1月に3月25日発売の25thシングル『しあわせの保護色』の活動をもってグループから卒業をすることを発表したが、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で、卒業は延期に。様々な状況を踏まえ、白石は10月28日の配信ライブ『NOGIZAKA46 Mai Shiraishi Graduation Concert~Always beside you~』をもって卒業した。

 2019年には西野七瀬が卒業し、白石もグループを巣立った。結成10年目、乃木坂46も本格的に世代交代に差しかかっている。しかし、先日行われた『9th YEAR BIRTHDAY LIVE』では先輩たちが築き上げてきた乃木坂46をしっかりと後輩たちが「継承」していく強い姿勢が感じられた。「インフルエンサー」では山下美月と与田祐希が、「シンクロニシティ」では梅澤美波が、「帰り道は遠回りしたくなる」では遠藤さくらが、「しあわせの保護色」では大園桃子がセンターを担当。かつて白石と西野がセンターを務めた楽曲を、次世代の乃木坂46を担う人材が表現したのだ。

 最新シングル曲「僕は僕を好きになる」では山下が初めてのセンターに選ばれ、梅澤と久保史緒里がフロント入りを果たした。アンダー楽曲「口ほどにもないKISS」では阪口珠美が初のセンターに選ばれ、3期生が注目される機会も増えてきている。

乃木坂46 『僕は僕を好きになる』

 4期生もグループに新たな風を吹かせている。賀喜遥香がセンターを務めた「I see…」はカップリング曲ながらMVのYouTube再生回数1700万回を突破。早川聖来は選抜未経験ながらコント番組『ノギザカスキッツ』(日本テレビ)で大きな存在感を放ち、4期生の最新曲「Out of the blue」で見事センターの座を射止めた。彼女たち16人の成長はそのまま乃木坂46の勢いに繋がっていくことはずだ。

乃木坂46 『I see…』

 現エースの齋藤飛鳥がどっしりと存在していることも大きい。ほかにもミュージカルなどで活躍する生田絵梨花、同期だけでなく後輩からもイジられる愛されキャラのキャプテン秋元真夏ら経験豊富なメンバーがいる。この先もベテランと若手が手を取り合い、乃木坂46は順調に世代交代を続けていくのではないだろうか。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

blueprint book store

もっとみる