坂道グループはなぜフォークソングを歌う? WHITE HIGH、花ちゃんズ……歴代楽曲で描かれたメンバーの成長

 乃木坂46の大園桃子と遠藤さくらによるユニット曲「友情ピアス」のMVが公開された。

乃木坂46『僕は僕を好きになる』(Type-D)

 今年2月上旬にライブハウス下北沢SHELTERで撮影された映像で、この日のために2人は数カ月間ギターの練習を行ない、ギターの弾き語りに臨んでいる。大園は昨年の『乃木坂46時間TV』で大きな感動を呼んだ奥華子「変わらないもの」のカバーを、遠藤は個人PV「わたしには、なにもない」で披露していた歌声を共に思い起こさせる透明感を持ち合わせている。MV公開前には“ももさく”コンビでのSHOWROOM『のぎおび』配信が行われていたが、「友情ピアス」のMVにも流れている2人のほんわかとした心温まる空気感と大園がお姉さんであり先輩として先導している姿は、改めて彼女の成長を実感させられる部分であった。

遠藤さくら・大園桃子『友情ピアス』

 そんな「友情ピアス」は、大園と遠藤の初ユニット曲であり、乃木坂46の新たなフォークデュオの誕生とも捉えることができる。乃木坂46でアコギと言えば、白石麻衣と高山一実のユニットWHITE HIGHによる「渋谷ブルース」である。この曲は『乃木坂46 1ST YEAR BIRTHDAY LIVE』から披露されているグループ初期を代表するナンバーで、深川麻衣と橋本奈々未がサポートメンバーとしてアコギで参加。年を重ねる毎に、演奏の上達とパフォーマンス終わりのやり取りも徐々に形成されていき、卒業によるメンバーの入れ替わりから、現在では松村沙友理と向井葉月がその役割を担っている。ちなみにそれぞれの愛称は松村が「リンゴー」で、向井が「ボンバー」。ファンからも人気が高く、白石の歌唱力が存分に発揮される楽曲だった「渋谷ブルース」は、彼女の卒業コンサートでも披露された。さらに昨年末の配信ライブ『乃木坂46 4期生ライブ2020』でも、柴田柚菜と弓木奈於(しばゆみコンビ)が歌う「渋谷ブルース」に、掛橋沙耶香と筒井あやめ(おかけとおつつ)のアコギ伴奏がパフォーマンスされている。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる