乃木坂46、SixTONES……アイドルグループにも広がるアニメーションMV 新たな試みで幅広い認知のきっかけに

乃木坂46『僕は僕を好きになる』(通常盤)

 乃木坂46やSixTONESなど、アイドルユニットがアニメーションMVを公開するケースが増えている。ビジュアル面が重要視されるイメージの強いアイドルが、ビジュアルを出さないアニメMVを制作する意図と、そこから期待される効果にはどのようなものがあるのだろうか。

 アニメMVを公開し、話題になったものとしてまず浮かぶのは、SixTONESの「うやむや」だ。1stアルバム『1ST』の通常盤に収録されたこの曲は、ボカロ曲を意識したメロディ&リリックの構成と、イラストレーションにダイスケリチャード、動画制作にえむめろを起用した全編アニメーションのMVで、動画が公開されるや否や大きな話題を生んだ。前知識なくこの曲に触れて、後からSixTONESの楽曲と知って驚いた人は多いのではないだろうか。

 ダイスケリチャード、えむめろともにこれまでも三月のパンタシアなどネット発の音楽の一端に携わってきたクリエイター。音の作りから見ても動画の制作陣から見ても、「アイドル色」を意識的に抑え、トレンドのボカロ系譜を踏襲しているのが見てとれる1曲だ。

SixTONES – うやむや (Music Video) [YouTube Ver.] (from Album “1ST”)

 アニメーションMVと一口に言ってもいくつかタイプがあり、「うやむや」のようなイラストを組み合わせたファッション性の高い映像もあれば、キャラクターが際立つストーリー仕立てのものも多い。

 1月27日にリリースされた乃木坂46の「僕は僕を好きになる」は、周りになじめず孤独を感じていた主人公が自分を好きになっていくまでの心の移り変わりを描いた楽曲。1月29日に公開された同曲のアニメverのMVは、部活で浮いてしまった主人公が、仲間に手を差し伸べられて居場所を取り戻すというストーリーになっている。

 そのストーリー、絵コンテ、原画を担当したのが大童澄瞳だと言えば、アニメファンはピンとくるのではないだろうか。大童はメンバーの齋藤飛鳥、梅澤美波、山下美月が実写映画の主演を務めた原作アニメ『映像研に手を出すな!』の監督だ。

乃木坂46 『僕は僕を好きになる』 アニメver.

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「音楽シーン分析」の最新記事

もっとみる