ジャニーズWEST、いつまでも輝きを失わない7人の個性 『レコメン!』結成記念日SPは“らしさ”詰まった時間に

 ジャニーズWESTの桐山照史・中間淳太がパーソナリティを務めるラジオ『レコメン!』(文化放送)2月5日放送回では、「ジャニーズWEST結成記念日スペシャル」と題して、ジャニーズWEST全員が集合。ジャニーズWESTの“らしさ”が詰まった時間となった。

 ちっとも一致しない7人の個性が一緒に歩む奇跡

ジャニーズWEST
ジャニーズWEST

 「(渋い声で)どうも、濵田崇裕です」「続きましてー、重岡大毅でございます、ぷーぷーぷー!」「神山智洋だぜ! YEAH!」「どうもー、藤井流星でーす」「フライングゲット! 小瀧望です!」とハイテンションな挨拶と共に登場したメンバーたち。

 スタジオにいる桐山・中間をのぞく5人は、リモートでの参加にも関わらず、濵田はスパイダーマン姿、神山は愛するペットを連れ立ってカメラの前にスタンバイするなど、相変わらずサービス精神旺盛だ。リスナーに見えなくとも、まずはメンバーを楽しませたいという気持ちが溢れているのが、実にジャニーズWESTっぽい。

 2月5日の結成記念日に、ラジオのスケジュールが重なるというのも、まさに“持ってる“といえる展開。重岡の「リモートでやってるけど違和感ないねんけど、おうちでやっててすごい楽しいんですけどー!」という言葉にあるように、距離など感じさせないトークのテンポもジャニーズWESTならでは。

 早速、「付き合う前の好きな子に振る舞いたい“モテメシ”は?」という話題になると、濵田は「カレーライス」、重岡は「お寿司」、神山は「オムライス」、藤井は「ビーフシチュー」、桐山は「パスタ」、中間は「鍋」、小瀧は「ハッシュドビーフ」と、1人もかぶらない7人7色の個性が炸裂。

 「カレーはがっついてるとこ見せたくないんちゃう?」と指摘された濵田が「じゃあ、一口カレー!」と調整するも「飲みの締めやないか! 酒の飲まんヤツが言うな(笑)」と中間からツッコまれたり、藤井が「色が似てるから」という理由で「ビーフシチュー」と「ハンバーグ」を言い間違えていた天然っぷりを思い出し笑いしたり、中間の「鍋」に重岡が「闇鍋? 光鍋?」とウザ絡みしてみせたりと、いつもの調子で小気味良い掛け合いが次々と飛び出す。

 また、「一番踊るのがハードなシングル曲は?」「7人の一番の思い出の場所は?」と、7人の意見が一致するかを試すゲームに突入してもやっぱり合わないジャニーズWEST。(ちなみに「一番踊るのがハードなシングル曲は?」の解答は「Big shot!!」→重岡、桐山、神山、「逆転Winner」→中間、濵田、「プリンシパルの君へ」 →小瀧、「おーさか☆愛・EYE・哀」→藤井。「7人の一番の思い出の場所は?」の解答は「京セラドーム」→神山、「ハワイ」→藤井、濵田、「日生劇場」→中間、小瀧、「松竹座」→重岡、「もんち(神山)の家」→桐山だった。

 番組の流れとしては「大事故」と呼べるものなのだが、これだけ個性が違う7人が揃っているなんて「奇跡だ」と笑い合う。一人ひとり違うから楽しいし、7人一緒だから歩いていける。そうして進んできたのが、ジャニーズWESTの軌跡なのだ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる