SixTONES 松村北斗をなぜ追いかけたくなるのか 様々な側面みせるミステリアスな魅力

SixTONES
SixTONES

 SixTONESの松村北斗が森七菜とW主演を務める映画『ライアー×ライアー』が2月19日に公開される。同作品の主題歌にはSixTONESの4thシングル曲「僕が僕じゃないみたいだ」が起用され、2月17日に発売されるなど、嬉しい知らせが続いている。また、同映画に併せて、松村は雑誌やテレビ番組に引っ張りだこ。ソロでの活動を通して、彼ならではの魅力が引き出されている。そこで本稿では、松村に注目したい。

雑誌でみせるクールな一面と、ユーモアに溢れた素顔

 “雑誌ジャック”と呼べるほど、書店では松村が表紙を飾った雑誌がいくつも並び、それぞれに違う表情をみせている。松村は撮影について“バトル”という言葉を用いて当時の心境を有料の会員限定ブログ「北斗學園」で綴った。

 常連のアイドル雑誌をはじめ、女性ファッション誌、映画、テレビ、週刊誌とコンセプトが異なる中で、表情や衣装を変え、それぞれに表情を変える。フーディーやモヘアニットなどラフな衣装に身を包み、キュンとする可愛らしい一面もあれば、心を許した特別な人にしかみせないような表情も。モード系雑誌では、ハイブランドの衣装に埋もれることなくクールでセクシーな目つきを、週刊誌では、静かながらも野心に燃えるような表情をみせる。内に秘めた感情が伝わってくると同時に、視線やアングルからはその先のストーリーを想像させる。

 2月10日には雑誌『anan』で初の単独表紙を飾る。グラビアページでは「ホクトホリック」(北斗中毒)と題して、テーマをもとに4変化を披露し、また一つ松村の表紙が加わる。

 実はユーモアに溢れた一面も。ジャニーズJr.時代に出演したバラエティ番組『ガムシャラ!』(テレビ朝日系)では、「松村北斗のほくほく北斗!」という単独コーナーを担当。毎回熱い食べ物をほくほくしながら食べる企画だ。肉まんを食した際には、口に含んで熱を逃がす様子も吐息交じりでセクシーに。「ほくほくしすぎで空いた口が塞がらないよ」と豊富な語彙力を生かし、変化球の食リポを披露したことも。また、『オードリーのオールナイトニッポン』の熱狂的リスナー、リトルトゥースであることも明かしている。  今回、映画出演にあたり、松村とともにW主演を務める森七菜との共演であることから、SNSでは「松村そこ変われ」と森の隣に立つ松村をいじる投稿で盛り上がっていた。これを受けて、松村は公式会員ブログで長文でツッコミ。まるでラジオパーソナリティとリスナーのようで、脳内でラジオとして再現できたほど臨場感溢れる文章だった。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる