EXO ベクヒョン、チェン、チャンヨル……仲睦まじい“ビーグルライン” それぞれの持つ確かな実力を分析

 K-POP界における、大人数グループの火付け役となったEXO。韓国語で歌うEXO-Kと中国語で歌うEXO-Mといった、グループ内ユニットを作るなど大人数の強みを活かしたユニークな活躍も可能性を大いに広げてくれた。

EXO『OBSESSION』

 紆余曲折を経て現在は9人体制に。力強いサウンドとそれに負けない雄々しいダンス。作品がリリースされる度にしびれる細かな振り付けで、圧倒してくれる彼らの人気は、アジアのみならずアメリカでもツアーを行なうほど国際的な広がりを見せ、2018年平昌オリンピックの閉会式アクトにも起用された。

 『Mnet Asian Music Awards』 の最多受賞者として『ギネス世界記録2018』に登録されたこともあるほど記録的なヒットを樹立し、数々の賞を総なめにしてきたEXOは現在、メンバーが順番に兵役中。そのため、ソロやユニットでの活躍がメインになっている。完全体カムバックを心待ちにしながら、彼らの魅力を改めて振り返ろうという第2弾。今回は1992年生まれのベクヒョン、チェン、チャンヨルにフォーカスを当てたい。

華やかで賑やかなムードメーカー・ベクヒョン

 子犬のような愛らしさと、すぐにじゃれ合う仲睦まじい姿から、「ビーグルライン」と呼ばれているベクヒョン、チェン、チャンヨル。その中でも、ベクヒョンは特におしゃべりが好きなことで愛されている。もともと歌手のRain(ピ)に憧れてアーティストを志したベクヒョン。優しく包み込むような温かい歌声を持ち、学生時代にはロックバンドでフェスに参加し、最優秀賞を獲得したことも。

 そんな才能を見初められ2011年にスカウトで事務所に入り、2012年にはEXOとしてデビュー。今のテクニカルなパフォーマンスからは想像できないが、ダンス歴は事務所に入ってからだというから驚きだ。最初のころはメンバーから「軟体動物みたいで面白かった」とトークバラエティ番組で明かされていたが、それは「上手い下手」というよりもベクヒョンの体が特別柔らかかったから、という見方もできるそう。腕をまっすぐに伸ばそうとすると“稲妻マーク”のように曲がってしまうというのだ。また、自分の小指を握ったり、手を振ると薬指だけブラブラさせることができるなど、ユーモアたっぷりに語ってみせる。

 そんな愛らしいベクヒョンはソロでも大活躍。今年5月25日にアップされた新曲「Candy」のMVは1カ月で2600万回視聴を突破(6月26日現在)。2ndミニアルバム『Delight』は、iTunesのトップアルバムチャート世界69地域で1位を記録するなど、その人気の高さを知らしめる。ピアノの弾き語りから国家独唱、クールなダンスナンバーまで幅広く表現するマルチな才能をもちながらも、飾らないトークのギャップに今後も多くのファンを魅了していくに違いない。

BAEKHYUN 백현 ‘Candy’ MV

ファンキーなメインボーカル・チェン

 年上のメンバーには甘えん坊で、年下メンバーとは気さくな関係性を築く、明るくハツラツとしたチェンは、電池切れを知らないパワフルな人。そんな彼をメンバーは「ファンキーファンキーチェン」と呼んだこともあるほどだ。小さいころから歌が好きで、ベクヒョンと同じく2011年に事務所入り。2012年にデビューと練習生期間が短かったことから、最初のころはダンスに苦戦。だが、メンバーが夜を徹して練習に付き合ってくれたことから、その壁を打破。恩を結果で返そうと、必死に特訓をした努力家な一面も彼がみんなから愛される理由だ。

 また、彼の最大の魅力といえばその歌唱力。豊かな声量と幅広い音域を誇り、バラエティ番組『知ってるお兄さん』に出演した際、歌ウマの免許証とも言える名曲、ソ・チャンフィの「Tears」を原曲キーで歌い上げて拍手喝采を浴びた。女性シンガーでもなかなか出すことが難しいハイトーンボイスを見事に歌い上げた姿は痛快そのもの。また、チェンは歌に対する特別な思いから、仮面をかぶったまま歌のみで勝負を繰り広げる番組『覆面歌王』にも出演。「EXOのチェンではなく、チェンという人間として声で冷静な評価を受けたくて、この場に出ることになった」と語った通り(参照:Wow!Korea)、多くの人がチェンの高い歌唱力を見直し、EXOのメインボーカルの凄さを再認識した。

[Full] ボーカルの名に恥じないチェンが原曲キーで歌う’Tears’ 知ってるお兄さん 85話

 プライベートでは今年1月に結婚を発表したのも記憶に新しい。6月24日には久しぶりに自身のYouTubeチャンネルに登場。韓国トップクラス実力派歌手パク・ヒョシンの「息」をカバーした映像を公開し、柔らかな歌声と変わらぬ歌唱力を見せてくれた。今後も人生経験を糧に、さらにEXOの歌唱面をリードする存在として活躍を期待している。

Cover by CHEN – ‘숨’ (박효신)

コラムPick Up!

もっとみる

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる

映画部Pick Up!