リュックと添い寝ごはん、自由奔放な演奏で魅せた“2020年の締めくくり” ライブへの自信も漲らせたツアーファイナルをレポート

リュックと添い寝ごはん、自由奔放な演奏で魅せた“2020年の締めくくり” ライブへの自信も漲らせたツアーファイナルをレポート

 1stアルバム『neo neo』を引っさげて開催された、リュックと添い寝ごはん初の東名阪ワンマンツアー。2020年12月23日、そのファイナルの会場となったのは渋谷WWWだ。生配信も同時に行われたライブは、メンバーが登場してから、アンコール最後の「あたらしい朝」を演奏し終えてステージを降りるまで、時間にして1時間ちょっと。文字通りあっという間に駆け抜けた感じだったが、その随所に初々しさと、それとは裏腹な堂々とした自信を感じさせる、とても手応えのあるライブだった。

 開演時間を迎え、おそろいのオーバーオール(軍モノのフリース素材のやつ)を着て、前の人の肩を掴んで電車ごっこのように登場した4人。「自由に楽しんで!」という松本ユウ(Vo/Gt)の一言から「生活」でライブはスタートした。2020年のコロナ禍の真っ只中で生まれた、日常へのリュクソなりのメッセージが込められた楽曲だ。フロアから手拍子が起きる中、軽やかなメロディが伸びやかに広がる。松本の表情はとても楽しそう。ステージの後方に目をやれば、宮澤あかり(Dr)も歌詞を口ずさみながらドラムを叩いている。

松本ユウ

 そのまま宮澤のスネアを合図に「青春日記」へ。「いけますか渋谷!」と松本がお客さんに声をかけ突入したサビではフロアから手が上がり、一気に一体感が醸成されていく。そして力強いドラムとお客さんの手拍子が合わさって「手と手」へ。サポートメンバーのぬんが弾くギターがセンチメンタルな情景を描き出すと、甘酸っぱくて切ない松本の歌がいっそうエモーショナルに響く。そしてその切なさも寂しさも振り切っていくのが、とにかく前へ前へとひた走るフレッシュなバンドサウンドだ。バンドをやる喜び、ライブをやる楽しさがすべての感情を置き去りにして未来に向かって突き進んでいく。

宮澤あかり
堂免英敬

 3曲を終えて、「どうすか?」と堂免英敬(Ba)に話を振る松本。堂免はじめメンバーは口々に「がんばるぞっ!」と答える。名古屋では「爆発していた」というぬんに宮澤が「今日おとなしいね」と話しかけると、ぬんは「かましていい?」とその後のMCへの期待を煽る。そんなやり取りを経て鳴らされたのは、4つ打ちのダンスビートとファンキーなカッティングギターが煌めく「Night Gimmick」。そして、そこから一呼吸置いて披露されたのが「サニー」だった。松本の弾き語りで始まったイントロからバンドが入ってくるところで、堂免とぬんが宮澤と向き合って呼吸を合わせる。松本の中から生まれてきた歌を、バンドが寄ってたかって支えて音楽に変えていく。リュックと添い寝ごはんというバンドがどんなふうに成り立っているのかを教えるような光景だ。

 続いて「ホリデイ」のトロピカルなギターの音色と軽やかなリズムが季節外れの夏を連れてくると、一転してノスタルジックな「500円玉と少年」へ。ギターを弾き始めたかと思ったらおもむろに中断して水を飲みだす自由奔放な松本だが、曲のほうはやはり絶品。筆者はこの曲が大好きなのだが、宮澤がブラシで叩くドラムのふわふわとした音、堂免が奏でるまろやかなベースのサウンド、そしてぬんのスライドギター、そしてつぶやくような松本の歌、絶妙なバランスで成り立っている空気感がなんともいえず気持ちいい。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる