二宮和也、相葉雅紀のピンチヒッターに  『VS魂』からも垣間見える“にのあい”の絆

 1月3日の『「VS魂」初回3時間生放送スペシャル』(フジテレビ系)で司会を務めた相葉雅紀が放送終了後の深夜から早朝にかけ体調不良を訴えたことを受け、翌日1月4日の番組収録を欠席したことが発表された。同時に1月4日に収録された14日放送分については二宮和也が、21日放送分については村上信五(関ジャニ∞)が代わって出演することも発表された。SNS上には相葉の体調を気遣う嵐ファンによる「#相葉雅紀は最高だぜっ」のハッシュタグを付けた温かいコメントが溢れた。

Jr.時代から続く“にのあい”・“総武線”・“UB”コンビ

嵐

 相葉のピンチに二宮が登場することになり、SNSには“にのあい”と呼ばれる相葉と二宮コンビを推すファンから「相葉くんの代わりに駆けつけるニノ2人の友情最高」「ニノありがとう」などのコメントが寄せられた。

 相葉と二宮はデビュー前のジャニーズJr.時代からの付き合い。当時帰宅する方向が同じでいつも一緒に帰っていたためファンの間では“総武線”コンビとも呼ばれている。また当時からシンメ(シンメトリー)で踊ることもあり、お互いのことを理解し合っている幼なじみのような存在だ。バラエティ番組やコンサートのMCでも天然の相葉の発言に間髪入れず鋭くツッコミを入れる二宮のくだりはファンの間では“お約束”として知られている。また『ARASHI LIVE TOUR 2017-2018 「untitled」』で披露した2人のユニット曲「UB」のダンスできわどい距離となる場面では会場から悲鳴が上がっていたことが思い出される。この近距離ダンスは『ARASHI Anniversary Tour 5×20』でも一部披露され、ファンの気持ちを一層熱くさせていた。また二人は時折プライベートでも一緒に過ごしていることも明かされている。正月に相葉を食事に誘った二宮が相葉の自宅まで車で迎えに行き、二人で過ごしたエピソードもファンの間では有名だ。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる