EXILE TRIBE総勢48名出演の『LIVE×ONLINE COUNTDOWN』 LDHエンタテインメント復活の狼煙を上げた2021年のキックオフ

EXILE TRIBE総勢48名出演の『LIVE×ONLINE COUNTDOWN』 LDHエンタテインメント復活の狼煙を上げた2021年のキックオフ

 12月31日、有料配信ライブ『LIVE×ONLINE COUNTDOWN 2020→2021 “RISING SUN TO THE WORLD”』が開催され、LDHに所属するEXILE、三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE(以下、三代目JSB)、THE RAMPAGE from EXILE TRIBE(以下、THE RAMPAGE)、FANTASTICS from EXILE TRIBE(以下、FANTASTICS)、BALLISTIK BOYZ from EXILE TRIBE(以下、BALLISTIK BOYZ)が、2020年から2021年にかけてライブを開催した。

 2020年は、新型コロナウイルスの影響により多くのライブが中止になり、オンラインという形でファンにパフォーマンスを届けてきたLDHのアーティストたち。本ライブは、その集大成と、2021年「日本を元気に。そして、日本の元気で世界を元気に。」というLDHエンタテインメント新たな決意のもと掲げたテーマ「RISING SUN TO THE WORLD」の幕開けを飾るべく開催された。総合司会には松本利夫、EXILE ÜSA、EXILE MAKIDAIが参加するなど、EXILE TRIBE総勢48名が集結。この日しか見られないパフォーマンスも飛び出し、LDHエンタテインメント復活の狼煙を掲げるEXILE TRIBEの決意表明を感じることができる2020年最後、2021年最初のライブとなった。

 トップバッターを務めたのは、三代目JSB。「J.S.B. DREAM」「J.S.B. LOVE」と、三代目JSBを象徴するような楽曲からスタートした。カッコ良さが際立つ2曲から一変、「Yes we are」「Movin’on」と盛り上がる楽曲が続き、Afrojackをフィーチャリングした楽曲「SCARLET」「Summer Madness」をパフォーマンス。続いて「R.Y.U.S.E.I.」と駆け抜けるように披露し、「O.R.I.O.N.」で今年最後のパフォーマンスを締めくくった。

 2020年でデビュー10周年を迎えた三代目JSBだが、開催予定だったツアーが中止になったことについて、リーダー・NAOTOは「10周年を1年ずらし、2021年を10周年イヤーとして、がっつり皆さんと直接会える機会を増やしていきたい」と、ファンとの再会に期待を込めた。また、ボーカル・登坂広臣は「たくさんのエンタテインメントとしてライブなどを準備しているので、2020年にできなかった分、2021年はファンの皆さんと一緒に過ごせる時間を、感謝をたくさん伝えていける年にしたいと思います!」と、2021年の抱負を語った。

 大人の雰囲気を漂わせながら登場したFANTASTICSは、「Hey, darlin’」からスタート。メンバー全員が主演を務めたドラマ『マネキン・ナイト・フィーバー』(日本テレビ系)の主題歌「High Fever」、デビュー曲「OVER DRIVE」と勢いを増していく。パフォーマーそれぞれのソロパフォーマンスを盛り込みながら、遊ぶように披露したのは「CANNONBALL」。彼らが持つフレッシュさと爽やかさが存分に楽しめる楽曲「Flying Fish」でパフォーマンスは終了した。

 ボーカル・中島颯太は「2020年ラストという貴重な日に、オンラインという形ではあるんですけど、皆さんと繋がることができて幸せでした!」と、本ライブを振り返った。また、松本利夫から2021年はどんな年にしたいかと聞かれると、パフォーマー・佐藤大樹は「(FANTASTICSの)アリーナツアーを開催できなかった悔しさをバネにして、来年からのドームツアー、そしてひとりでも多くの人に僕たちの名前や歌、ダンスを知ってもらえるように全力で突き進んでいきたいと思います!」と、コメントした。

 続いて登場したのは、EXILE TRIBEの中でも新たな形を確立した7マイクフリースタイルグループ・BALLISTIK BOYZ。新型コロナウイルスの影響により3公演のみの開催となった自身初となる全国ホールツアー『BALLISTIK BOYZ LIVE TOUR 2020 “BBZ”』のキックオフシングル曲「ANTI-HERO’S」に始まり、「テンハネ -1000%-」「Make U a believer」と次々にパフォーマンスしていく。グループの特徴でもあるラップを存分に盛り込んだ楽曲「Front Burner」から一変、真っ白な衣装にぴったりの爽やかな楽曲「SUMMER HYPE」をパフォーマンスした。

 ライブの感想を求められると、日髙竜太は「2020年を締めくくるライブとして、自分たちらしく最高のパフォーマンスをすることができました。やりきりました!」と、笑顔でコメント。また、2021年について、松井利樹が「2020年は初めてのツアーが中止になり、すごく悔しい想いをしたので、2021年こそは全国の皆さんに直接会いに行って、自分たちの想いをたくさん伝えていきたいなと思います!」と、ファンへメッセージを送った。

 LDHのアーティストの中でも16人と大所帯のグループ・THE RAMPAGEは、大人数を生かして迫力満点のパフォーマンスを展開していく。「FAST LANE」からスタートし、「THROW YA FIST」「FIRED UP」「The Typhoon Eye」をメドレーで披露。「FEARS」「INVISIBLE LOVE」と色気のあるパフォーマンスが続いたかと思えば、「ESCAPE」「Dream On」と疾走感のある爽やかな楽曲でグループの幅広い表現力を魅せてくれた。最後は、「SWAG & PRIDE」でTHE RAMPAGEらしく、強さと男らしさを全開にパフォーマンスした。

 EXILE ÜSAから「自身にとって『LIVE×ONLINE』を一言で表すと?」と問われると、ボーカル・吉野北人は「“支え”かな、と思います。アーティストはライブやファンの皆様ありきで活動できていると思うので、『LIVE×ONLINE』を通して、改めて皆さんに支えられているなという想いもありますし、僕らのパフォーマンスで皆さんを支えていけたらと思っています」と、答えた。ボーカル・川村壱馬は「皆さんに支えられた2020年だったので、2021年は恩返ししていけるように、そして日本を元気にしていけるように頑張っていけたらと思っています」と、2021年への意気込みを語った。

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「ライブ評」の最新記事

もっとみる