なにわ男子、しっかりと爪痕残した『ANNP』 “ワチャワチャ”から“エモエモ”まで振れ幅の大きさがグループの魅力に

 関西ジャニーズJr.の7人組グループ・なにわ男子が、12月14日放送の『なにわ男子のオールナイトニッポンPremium』(ニッポン放送)に登場。全員で初めての冠ラジオ番組、そして関東のラジオ局初進出ということで、気合が入りまくりな7人が、しっかりと爪痕を残した。

オープニングからワチャワチャ男子に

 冒頭、第一声を発したのは高い演技力で注目を集めている西畑大吾。憧れのオールナイトニッポンでの大仕事、しかも生放送というプレッシャーからか、いつもの鮮やかな台詞回しとは打って変わって噛みまくってしまう。もちろん、メンバーからの「大ちゃん緊張してはるな!」と総ツッコミが入って、ピンチを笑いに変えていくのが関西ノリ。そこから、なにわ男子ならではのワチャワチャっぷりが一気に加速していく。

 この日、2020年の漢字が「密」と発表されたことを受けて、「どこで書いているか?」と問われたリーダー・大橋和也が「ホワイトハウス?」と答える珍プレーを披露して「アメリカ!?」と総ツッコミを受けて笑いを誘う。さらに「京都ですよ、京都の?」とヒントを出されたにも関わらず、高橋恭平が「五重塔?」とさらに天然なボケを畳み掛ける。十分笑いが取れたところで「さー、ケラケラと笑っている道枝くん、わかってますよね?」と振られた道枝駿佑が「清水寺」とようやく正解。

 改めて確認したいのだが、彼らのグループ名は「なにわ男子」。全員が関西出身ということを売りにしているのだが、京都の清水寺がパッと出てこないとは……と頭を抱えそうになったところ、大西が「福岡出身です。博多男子です」とグループ名を揺るがす事実を発表。0〜3歳まで博多で過ごしていたという大橋。では、博多っぽいエピソードを持っているかと期待するも、「小さいころ遊んでいた友だちはアンディー」と、またもや「アメリカ!?」な発言が飛び出して、その場を沸かせた。

 今回、初めてなにわ男子を知ったリスナーにも、覚えてもらおうと一人ひとり自己紹介セリフを披露するコーナーへと移るが、ここもすんなりとはいかない。まずは西畑大吾から「西畑、1、2、3、4、大吾!」と勢い良く発言するも「……おー」と謎の沈黙。「いやいや、ラジオでこれはやばいって!」と焦りだす一同。トップバッターにも関わらず「西畑、基本的に(自己紹介セリフ)ないんですよ」と早々の企画倒れ。

 これはまずいと続く大西流星が、「勢いは西から愛は大西から。なにわ男子の19歳、大西流星です!」とビシッと決めてくれる。かと思いきや、「俺もいけるかな、勢いは西から愛は西畑から……」とまさかのメンバーからパクろうという西畑。

 さらに、“西”がかかっていない道枝も「俺も、愛は道枝からっていけるかな」と、まさかの便乗していくスタイル。 さらに「イケメンビジュアル担当の高橋恭平です」と言う高橋も、まさかの「変えたい」とその場ノリで「Hey! Hey! 俺が恭平! Hey! Hey! Hey! Hey!」と全くテイストの違う自己紹介を披露すると「Hey! Hey! って、野球部やん」とボケをどんどん拾っていく連携プレーも見事。

 「グループ最年少、泣き顔、笑顔、長尾こと長尾謙杜です!」と再びキレイな自己紹介が出たと思いきや、「なにわ男子のオリックス・バファローズ担当の藤原丈一郎です」「プリン食べすぎておしりプリンプリン、どーも大橋和也です」と、最年長・藤原とリーダー・大橋が、クセが強すぎるから笑ってしまう。

トレンド世界1位に輝く“キラキラ男子”に

 そんな貪欲に笑いをかっさらっていくなにわ男子のはっちゃけっぷりに、リスナーから「キラキラ感が足りない」と愛あるイジりメールまで届く始末。もっとジャニーズアイドルらしく、キラキラを出していこうと、気合を入れ直す7人。こんなときに心強いのが、彼らのプロデューサーでもある関ジャニ∞の大倉忠義だ。

 この日、次々とパワーワードを生み出している大橋曰く、大倉には「お供え相談」もしているとのこと。もちろんメンバーから「お悩み相談やろ」と総ツッコミが入ったのは言うまでもない。「私の周りの〇〇男子」というメールテーマを掲げていた今回の放送。メンバーから大倉に「大倉くん◯◯男子ってありますか?」というメールに、「俺は貴族男子やろ」と参戦。「(メンバーのみなさんは)宮殿に行ったことはありますか?」と自らトークを振る流石のプロデューサーっぷりを見せる。すると、7人も「ホンマに宮殿!」「お茶がスピードメニュー」「ゴミ箱が自動」「コンサートDVDを一緒に見て勉強してくれる」と嬉しそうに話す師弟関係が垣間見えた。

 そんな勢い溢れるトークが多くのリスナーの心を掴み、なんと「#なにわ男子ANNP」が、Twitterで世界トレンド1位を獲得するという快挙を達成する。この勢いにのって「キラキラ感を出していこう」と、ラジオ力を高めるカッコいい曲紹介にも挑戦。それぞれ思い入れのある楽曲を、熱の込もったエピソードトークと共に紹介する姿は、まさにジャニーズアイドルそのもの。

 ちなみに彼らが紹介した楽曲は次の通り。彼らがどんな先輩に憧れて、どんな活躍を目指しているのか、夢が広がるラインナップだ。

西畑…PIKA★★NCHI DOUBLE(嵐)
長尾…君の彼氏になりたい。(Snow Man)
高橋…愛のかたまり(KinKi Kids)
大西…ワガママLADY(Sexy Zone)
道枝…A Song For Your Love(SMAP)
大橋…スクール革命(Hey! Say! JUMP)
藤原…5×10(嵐)

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる