Travis Japan、HiHi Jets、なにわ男子……ジャニーズJr.総勢67名が『Mステ』集結 パフォーマンス楽曲を解説

ジャニーズJr.
ジャニーズJr.

 ジャニーズJr.ファンは、10月16日放送の『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)が見逃せない。出演するのはTravis Japan、HiHi Jets、美 少年、7 MEN 侍、少年忍者、なにわ男子、Lil かんさい、Aぇ! group、そしてその他ジャニーズJr.の総勢67名。どのような形でパフォーマンスするかはまだ分からないが、豪華かつ迫力あるステージになることは間違い。東京・EX THEATER ROPPONGIから披露するのは「勇気100%」、「REAL DX」、「Can do! Can go!」の3曲。この3曲はこれまでも数々のジャニーズメンバーが歌い継いできた名曲で、特にジャニーズJr.が披露することが多かった。なぜジャニーズJr.たちに歌い継がれてきているのかを考えると、この3曲にはジャニーズJr.らしさを表現できたり、ジャニーズJr.に必要なものを得ることができたりするからではないかと感じる。

「勇気100%」――王道ソングでアイドル力を磨く

 アニメ『忍たま乱太郎』のオープニングテーマとしてかれこれ27年以上使われ続け、老若男女から長年愛されている「勇気100%」は、光GENJIが1993年にリリースした楽曲だ。その歌詞を見ると、ストレートで力強い応援ソングであることが分かる。〈がっかりしてめそめそして どうしたんだい〉、〈やりたいこと やったもん勝ち〉、〈夢はでかくなけりゃ つまらないだろう〉……。シンプルな言葉だが、出だしから最後まで聴く人の背中を押すメッセージが詰まっている。これこそ、聴く人を歌の力で励ますことができる、アイドルの基本のような歌である。そんな同曲を、元気よく笑顔とともに披露することは、ジャニーズアイドルの土台を培うことにも繋がりそうだ。実際、同曲は光GENJIから始まり、Ya-Ya-yah、Hey! Say! JUMP、NYC、Sexy Zone、ジュニア Boysと、若手ジャニーズを中心に歌い継がれてきた。若手ジャニーズたちの第一歩として、アイドル力を磨くのにピッタリの楽曲ではないだろうか。

「REAL DX」――ジャニーズらしさが凝縮された楽曲

 タッキー&翼の楽曲の中でも人気が高い「REAL DX」は、Kis-My-Ft2やA.B.C-Z、Snow Manなどのデビュー組から人気ジャニーズJr.たちまで、様々なメンバーがカバーをしてきた。そしてそのパフォーマンスを見ていると、カバーしているジャニーズメンバーたちもこの曲が好きということが伝わってくる。実際、2018年末の『ジャニーズカウントダウン 2018-2019』で披露された本家の「REAL DX」を受けて、2019年1月4日放送の『Kis-My-Ft2のオールナイトニッポン Premium』(ニッポン放送)で、Kis-My-Ft2・北山宏光、玉森裕太、藤ヶ谷太輔が「『REAL DX』踊りたかった、出たかった」と盛り上がったこともあった。これだけ愛される同曲には、ジャニーズらしさが詰まっているといえそうだ。ユニゾンでの歌唱をはじめ、サビ前からのハーモニーや予想を裏切らないメロディラインと、様々な要素が凝縮されている。ダンスもわかりやすく、サビの振りは誰でも真似することができる。さらに、ファンによって掛け声や手拍子などが行なわれる場合もあり、“ジャニーズらしさ”を表現できる楽曲である。

タッキー&翼 / 「REAL DX」Music Video

インタビュー

もっとみる

Pick Up!

「アーティスト分析」の最新記事

もっとみる